森田曠平

日本画家・森田曠平は1916年京都に生まれました。母方の祖父森田茂は政治家でした。同時に、書画コレクターでもありました。曠平は祖父の養子になって森田姓を継ぐことになります。幼ない頃から体が弱く、洋画を学んで、1935年第1回京都市展に入選しますが、結核が再発して、京都市立絵画専門学校への進学を諦めます。 1940年小林柯白に師事。日本画を学びます。1943年院展初入選。この年小林柯白が死去します。1946~1948年、院展入選。1944年から安田靫彦に師事。師安田靫彦が描いていた歴史画の道を洋画の手法をプラスして、画面構成に彼独自の斬新さを生かし、さらに発展させた歴史人物画には定評がありました。

森田曠平の作品と一目見てわかる特徴

女の人をモデルにした絵も多いのですが、彼独特の癖のある切れ長の鼻のとがった顔は一目見て彼の作品だとわかります。舞妓さんも彼の特徴のある顔だちですが、着物の柄はしっかりとした筆致で日本画と洋画をあわせもって、融合したような作品になっています。1965年日本美術院賞受賞しましたが、これ以降は洋画的表現をやめ、日本画の方向に徹しています。1968年には院展同人に推挙されます。5年後には、院展で内閣総理大臣賞を受賞します。1982年、国立能楽堂鏡板の「松」が1年がかりで完成します。晩年は、絵巻などの傑作を次々に発表しました。屏風絵なども手がけて、後世に残る作品が多々あります。後年、日本美術院評議員に就任しますが、翌年逝去。 森田曠平の作品の一つ「惜春(盲目物語より)」は、京都国立近代美術館蔵ですが、この日本画は満開の桜のしたでゆく春を惜しんで舞っている人を花見とともに見ている人たちののどかな風景ですが、武家の家族でしょうか。金箔を施した屏風絵だと思うのですが、着物の柄もとても品良く丁寧に描かれています。能や歴史絵巻の彼の作品は、細かい柄などもとても丁寧に描かれていて、当時の面影が忍ばれる気がします。古くて新しいとは彼のためにある言葉なのかもしれません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ