骨董買取について

今日では骨董とは「希少価値の高い古い美術品や道具」をいう意味を指しますが、古くは「古いだけで使えない、不便で雑多なもの」という正反対の意味もありました。現在でもこうした意味合いはしばしば使われており、例えば時代遅れで役に立たない製品などを「骨董品を使っている」などと表現することがあります。つまり骨董は製品としての実用性ではなく、希少であることや歴史的な意味合いがその価値となっていると言えます。

そうした背景もあり、骨董の価値はその実用性ではなく、その素材、歴史的価値、保存状態、流行などにより大きく左右されており基本的には時価で取引されています。骨董の買取価格は、買取取引の市場で相場として一定の価格がありますが、中には希少価値の高い掘り出し物が出品されることもしばしばあり、相場を超える価格が付けられることもあります。そうした掘り出し物は専門の鑑定士や販売業者の持つ骨董よりも一般的に財産や趣味として集められている陶器、掛け軸、茶道具、食器、織物などから発掘されるケースが多く見受けられます。最近では有田焼や九谷焼などの有名な磁器の美術的価値が広く一般に認められ、高級レストランなどで使われるなど斬新で新しい需要も生まれているため、買取価格が上昇している品物もあります。自宅の蔵に眠っている骨董が意外なほど高価な買取価格で取引されているかもしれません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ