茶道具買取 坂田泥華

坂田泥華

 代々継承される伝統ある陶芸家のひとつが、坂田泥華です。山口県長門市深川を拠点に継承される萩焼の名家として、現在でも数多くの名作を生み出しており、今後も新たな萩焼の世界を広げるであろう、と大きな期待が寄せられています。坂田泥華は15代が現在では最後となっており、16代を名乗る継承者を探している段階だと言います。
 坂田泥華の名声を上げた功労者は13代坂田泥華と言われています。「泥華井戸」と呼ばれている、優雅であり悠揚とした気品漂う、萩焼の新たな可能性を導きだした作品を生み出し話題となりました。井戸茶碗を中心に製作しており、それが高い評価を得ているとおり、研究され尽くされたその作品は、まさに至極の逸品として茶道具の世界でも常に重宝されています。また、旧来の技術を繰り返すだけではなく、剥離釉といった、あまり他の作家が使わないような新技術にも取組んでおり、作陶にかける思いやその斬新さは天才と言われています。
 13代坂田泥華は1915年に山口県に生まれています。山口県立萩商業学校を卒業後、父である12代目に師事し、作陶生活に励みます。日々の修練の中で、坂田泥華の持つ伝統を学び、そして習得していきます。1950年には、13代目の坂田泥華を襲名することになり、萩焼の世界に本格的に入ります。その後は、名家の重圧も感じながらも、新たな坂田泥華を築き上げるために、数々のアプローチで作陶生活を続けます。山口県芸術文化振興奨励賞、山口県美術展審査員、山口県指定無形文化財など早い段階で多くの名声を手に入れます。しかし、そういった周囲の評価に満足はせず、常に新たな萩焼の製作に取組み続けていたのです。茶道具買取においても、この坂田泥華の作品などは非常に人気が高く、高価買取となります。今後も、注目していくべき作家のひとりでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ