【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 田原陶兵衛

田原陶兵衛

 深川御用窯の陶芸一族として名を馳せる、田原陶兵衛。数多くの名品を残し続けた名門の窯元として茶道具買取でも注目されています。特に注目されているのが、12代田原陶兵衛であり、伝統を守り続けながらも斬新で現代風の新たな世界観を切り広げています。
 田原という姓になった代が、8代赤川喜代蔵の時です。嫡男謙治が赤川性から田原姓となります。8代目は希有な人物でもあり、置物細工に秀でていただけでなく、蘭学に志し医薬にも明るく、木戸孝光等幕末藩士とも親交があったといいます。
 12代目は田原家の伝統を守りながらも、独自の高麗朝鮮陶器を研究。全く新しい田原家の茶道具の世界観を広げたのです。
 田原陶兵衛は山口県長門市に生まれています。シベリアに逗留される厳しい時代を生き抜き、復員した後に長兄11代田原陶兵衛に後継者不在ということもあり、家業を継承することとなります。陶芸の基礎を一から学び直すことで、自分の新たな才能に気付きました。もともと陶芸一族ということもあり、上達も早く、また研究熱心な性格も手伝って素晴らしい作品を残しました。1956年に12代田原陶兵衛を襲名した後に、本格的にその作品作りに力を入れ始めました。功績が認められ1972年には日本工芸会正会員として迎え入れられ、陶芸界の発展に尽力をし続けます。その功績と地元山口への貢献度の高さから、1981年には山口県の無形文化財保持者として認定されることとなりました。しかし、66歳という若さでこの世を去ってしまい、現在では13代目が田原の名を継ぎ、作品作りに日々尽力しています。茶道具買取においても、田原陶兵衛の作品は非常に人気があり、高価買取の対象となります。今後も、13代目の作品はもちろん、歴代の田原陶兵衛の作品も注目されていくことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談