写真撮影のポイント

骨董品や美術品の鑑定は実際に手にとって詳しく見てみないと正確な鑑定は難しいですが、写真査定でも可能な限り正確な鑑定をお伝えできるよう、骨董品や美術品ごとの撮影方法をご紹介させていただきます。是非ともご参考いただければと思います。
※撮影されるカテゴリ名をクリックしてご確認ください。

※ピントがボケているものや暗い写真、明るすぎる写真は正確な査定が出来ませんので撮影時にはご注意ください。
※経年変化で割れや欠け・シミなど気になる箇所がございましたら、写真を撮っていただきお知らせいただけますと、より正確な査定が可能となります。

茶道具・陶器・漆器類の撮影

作品の全体像を確認します。箱の文字が書かれている部分を作品と併せて撮影してください。文字が書かれていない場合は作品の写真のみで構いません。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
作品に記されている作家のサイン(陶印)をアップで撮影してください。陶器類は主に底部分に陶印があります。陶印は撮影しづらい場合があるので上手くピントが合わなければ省いていただいても構いません。
箱の側面・裏面、蓋の表面や裏面にも文字が書かれている場合は、こちらの撮影もお願いします。文字の記載がない場合は省いていただいても構いません。

掛軸・中国書画の撮影

作品の全体像を確認します。壁に掛けていただくか、床に広げた状態で撮影してください。
表装を除く作品部分のみを撮影します。
作品に明記されている名と落款を撮影します。
箱の側面・裏面、蓋の表面や裏面にも文字が書かれている場合は、こちらの撮影もお願いします。文字の記載がない場合は省いていただいても構いません。
鑑定書や極め札などの付随品がありましたら明記されている内容がわかるように撮影してください。

西洋アンティーク(マイセン・ガレ等)の撮影

作品の全体像がわかるように撮影します。
作品の側面や裏側に刻印されている作家等のサインをアップで撮影してください。
作品の特徴的と思われる箇所のアップ写真を撮影してください。
作品にワレやカケ等がある場合は、当該箇所のアップ写真を撮影してください。より正確な鑑定のため必要となります。

日本画・洋画の撮影

作品の全体像がわかるように撮影します。
作品に記されている作者のサインや落款がわかるようにアップで撮影します。(洋画はキャンバスの裏にサインが書かれています)
版画はエディション番号も撮影してください。
作品によって異なりますが、共シール・ギャラリーシールや鑑定書などがある作品は表示内容が確認できるようにアップで撮影をしてください。

金・銀製品の撮影

作品の全体像を確認します。箱の文字が書かれている部分を作品と併せて撮影してください。文字が書かれていない場合は作品の写真のみで構いません。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
作品に記されている作家のサイン・刻印をアップで撮影してください。底部分にサイン・刻印が明記されています。撮影しづらい場合があるので上手くピントが合わなければ省いていただいても結構です。

ブロンズ・彫刻の撮影

作品の全体像を確認します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
作品に明記されている作家のサイン・刻印をアップで撮影してください。側面や底部分にサイン・刻印が明記されています。

刀剣・武具類の撮影

作品の全体像を確認します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
認定書や鑑定書などもございましたら同じく撮影してください。
登録証の内容が確認できるようにアップで撮影をしてください。
刀の鍔から中心部分を刃文が確認できるくらいのアップで撮影をしてください。
刀の切っ先を刃文が確認できるくらいのアップで撮影をしてください。

甲冑の撮影

作品の全体像を確認します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
兜全体が写るように撮影してください。
兜のみの場合は、側面からの写真も撮影してください。

時計・宝飾品の撮影

作品(時計)の全体像を確認します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
ギャランティーカードの内容が確認できるようアップで撮影してください。
作品(宝飾品)の全体像を確認します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
鑑定書・鑑別書・保証書は内容が確認できるようアップで撮影してください。

象牙の撮影

作品の全体像を確認します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
牙製品は登録票の内容が確認できるようアップで撮影してください。
象牙の場合、蓋部分・中心部分・先端のアップを撮影してください。【蓋部分の写真】
【中心部分の写真】
【先端部分の写真】

珊瑚・翡翠の撮影

作品の全体像を確認します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
珊瑚の原木の場合は、正面と裏面2枚の写真を撮影してください。
珊瑚の場合、色目が確認できるよう一番色の淡い箇所をアップで撮影してください。
鑑別書や保証書がある作品は内容が確認できるようにアップで撮影してください。

着物の撮影

たとう紙を開けた状態で着物全体が写るように撮影します。(付属品などありましたら一緒に撮影してください)
作家ものは襟先や衽(おくみ)=(裾の上部分)にサイン・落款がありますのでアップで撮影してください。
箱に入っている作品で、蓋の表面や裏面、箱の裏面に文字が書かれている場合は、こちらの撮影もお願いします。文字の記載がない場合は省いていただいても構いません。
証紙があれば内容が確認できるようにアップで撮影してください。
シミや汚れがある場合は、その箇所のアップを撮影してください。(襟元や袖・裾など)
  • 出張買取はこちら
  • 店頭買取・来店持込はこちら
  • 無料メール査定はこちら。24時間受付
  • 簡単LINEライン査定はこちら

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ