• キャンドル
  • クリスタル 花瓶
  • クロック× キャンドルスタンド
  • ティーセット
  • フィギュア
  • ミラー
  • 花瓶
  • 透かしコンポート
  • 透し絵皿
  • 立体陶板

時計、宝石など買取いたします。

  • マントルクロック 買取価格150万円
  • 飾り壺 買取価格65万円
  • 花瓶 買取価格45万円
  • ティーセット 買取価格43万円
  • フィギュア 買取価格38万円
  • 陶板画 買取価格35万円
  • キャンドルスタンド 買取価格32万円
  • ケーキスタンド 買取価格25万円
  • 透し絵皿 買取価格23万円
  • バスケット 買取価格23万円
  • 鏡 買取価格18万円
  • マイセンクリスタル 買取価格5万円
  • マイセンの出張買取
  • マイセンの店頭買取
  • マイセン買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定

中国で生まれた白磁器は日本をはじめとして世界中に輸出され、西洋でも中国の磁器や日本の伊万里焼が人気を博しました。当時のヨーロッパには硬質磁器を作る技術がなく、王侯貴族や実業家はこぞって白磁器の製法を探し求めたのです。その中でもドイツのザクセン選帝侯アウグスト強王は熱狂的で、収集にとどまらず、錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベドガーを幽閉して白磁器の製法を研究させました。白磁器の製造が成功したのは1709年のこと。アウグスト強王は白磁器の製法を秘匿し、マイセン地方のアルブレヒト城に王立ザクセン磁器工場を設立しました。これが現在のマイセンの前身となったのです。

アウグスト強王は白磁器の中でも重厚なバロック調のものを好みました。優美なロココ様式の磁器人形が作られるようになったのは、王が亡くなってからです。この磁器人形はマイセン人形と呼ばれ、今でも世界中にコレクターがいます。初期のマイセンは中国や日本の影響を大きく受けていましたが、ウィーンから招かれた絵付師によって西洋風の優雅な作品がもたらされ、のちにこれが主流となりました。マイセンの歴史の中で誕生したブルーオニオンやドイツの華、サルの楽団などをはじめとする作品たちは、世界中で今も愛され続けています。

マイセンのトレードマークといえば交差した2本の剣。これはもともと贋作防止のために使われていました。このトレードマークは時代によって微妙に変化しながら、今でも使われています。頂き物や遺産の整理でこのような剣のマークを目にしたのであれば、ぜひ古美術八光堂にお持ちください。古美術八光堂では、代表作ブルーオニオンのほか、イヤープレート、インドの花など、マイセンの様々な作品の買取を行っています。マイセン食器はロマンチックなデザインや優雅な曲線美の作品が多く、世界中にコレクターがいます。マイセンの買取は実績豊富な古美術八光堂にお任せください。

買取可能です。
銀座本店→詳細はこちら
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
大阪本店→詳細はこちら
住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5 大阪本社ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
横浜本店→詳細はこちら
住所 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル 1F
営業時間 10:00~18:00
名古屋本店→詳細はこちら
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19サンエイビル 1F
営業時間 10:00~18:00
京都本店→詳細はこちら
住所 〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12
営業時間 10:00~18:00
広島本店→詳細はこちら
住所 〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-83 1F
営業時間 10:00~18:00
博多本店→詳細はこちら
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13博多駅前ビル1F
営業時間 10:00~18:00

フリーダイヤル:0120-29-8510

→店舗一覧

関西テレビ「よ~い!ドン」に出演!
店主・嵜本政司を特集していただきました。
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」出演!
芸能人のお宝を鑑定させていただきました。
毎日テレビ「古美術品買取同行取材」出演!
お父様の遺品の古美術品を鑑定しました。
関西テレビ「ビバ!北野家族」3ヶ月間レギュラー出演!
家庭に眠っているお宝を鑑定しました。
読売テレビ「女子アナなんでも鑑定団」出演!
いろいろなお宝を鑑定しました。
ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」出演!
掛軸を鑑定させていただきました。
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」出演!
自宅のお宝を鑑定させていただきました。

本当に満足です!ここまで高く買取ってくれるとは!

貰ってからずっと使っていなかったマイセンのティーセットを引き取っていただきました。カップにひび割れがあり、他店では買い取っていただけなかったので不安でしたが、納得できる価格で引き取っていただけたので良かったです。また何かありましたらよろしくお願いします。

今回は遠方からご足労いただき、誠にありがとうございました。多少のひびがありましたが、問題なく買取させていただける範囲でした。
マイセンの食器と言えばやはり抜けるような美しい白の白磁が有名です。白磁は17世紀の西ヨーロッパでは最高の芸術品とされ、列強諸国がこぞって白磁の生産を競い合いました。そうした中で、ドイツ東部のドレスデンに王立の白磁工場が建設され、これが現在のマイセンの始まりとなり、白磁ブランドの代表格として世界中から支持を得ることになります。現在でもマイセンの人気はやはり根強く、食器だけでなく今回お持ちいただいたような贈答品用のティーセットですとか、陶磁器製の人形、灰皿、時計なども販売しており、マーケットでも一定の相場で取引されております。
当店では今回のようにひび・傷・割れがある場合や、保証書・鑑定書などが無い場合でも問題なく査定の対象とさせていただいております。お気軽にご相談ください。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

引越しを期に、家内が集めていたマイセンの食器を買い取っていただきました。集めるだけ集めておいて、ほとんど使うことのないものでしたので、引き取っていただけて良かったです。予想していた金額よりも高額で買い取っていただけましたので、家内も喜んでおりました。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
マイセンの食器やティーカップはさまざまなシリーズがありますが、特に初期の作品は東洋白磁を意識した意匠が多く用いられていました。初期の有名な作品である「ブルーオニオン」では、東洋磁器に描かれていたザクロの絵がを取り入れて作られましたが、ヨーロッパにはザクロが無かったことから、タマネギがモチーフになったと言われています。今回お持ちいただいた品もそうした東洋美術の影響を多分に受けており、西洋の優雅な雰囲気を残したオリエンタルなデザインが特徴です。マイセンは歴史ある高級食器ブランドとして人気が高いだけでなく、贈答品などに用いられることもありますので、マーケットでは一定の需要があり、安定した相場で取引されております。今回は非常に保存状態が良い品をお持ちいただきましたので、ベストの価格をご提案させていただけました。
では、奥様に宜しくお伝えくださいませ。またのご来店をお待ち申し上げております。

ずいぶん昔に贈り物でいただいたまま、ずっと使わずにしまっておいたプレートとカップを引き取ってもらいました。贈答品を買い取っていただくのはちょっと気が引けましたが、そういう方もたくさんいらっしゃると聞いて安心しました。お電話でもきちんと対応していただけましたし、査定も早かったので、またお願いすることがあるかもしれません。どうもありがとうございました。

先日はお足元の悪い中足をお運びいただき、誠にありがとうございました。また、貴重な品々を多数お持ちいただき、心よりお礼申し上げます。
マイセンはご存知の通り、洋食器やティーカップの最高級品を扱う老舗ブランドです。1710年にドイツのドレスデンに王立磁器工場が設立されたのがその始まりとされていますので、その歴史は300年にも及び、現在では世界中に広く普及しています。マイセンと言えば食器が有名ですが、ティーカップやプレートなどの洋食器だけではなく、時計や人形、灰皿などのコレクションも製作しているため、高価な贈答品として選ぶケースも多く、マーケットでは幅広い需要があり、安定した相場で取引されております。
時計や絵画などもご検討とのことでしたので、ぜひお気軽にお電話いただければと存じます。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

よくあるご質問
さらに安心の3つの強み
マイセン買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • マイセンの出張買取
  • マイセンの店頭買取
  • マイセン買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定
八光堂は幅広く様々な骨董品の買取に対応しております。
ページトップへ