【感染予防の取り組み】こちら
金製品買取

金製品高額買取

金製品を少しでも高く、 他社に負けない価格で
高額に買取いたします。
相談・出張・査定料 全て無料!

金というと24金や18金、インゴットなどに限定して考えてしまう方も多いのではないでしょうか。
金は柔らかく加工がしやすいため、やかんや茶釜、酒器などさまざまなものに加工されている可能性があります。
ご家庭に眠る金製品は、古美術八光堂がどこよりも高値で買取いたします。
さらに金製品でしたら壊れてしまったアクセサリーや時計のベルト、部品だけでも買取が可能です。
金製品の売却は、ぜひ当店にご用命ください。

買取ポイント

  • POINT01
    金製品の買取額で
    他社に負けません

    他社とは違いマザーズ上場の親会社を持ち、創業40年以上の実績がございます。また世界中で少しでも高く骨董を売却できるルートを持っています。

  • POINT02
    安心・安全の仕組みを
    徹底

    クーリングオフの適応で8日以内であれば返品・キャンセル可能です。(出張買取のみ)また八光堂ではご相談、査定、見積もり、出張費、買取手数料もすべて無料「0円」で安心です。

  • POINT03
    買取額だけじゃない
    接客へのこだわり

    その他きめ細やかなサービスでお客様のお品物を丁寧に扱い査定、ご説明させていただきます。買取の際には、1,000万円を超えるような品であっても、即現金買取が可能です。セキュリティーの関係で振込対応となる場合もございます。

  • POINT04
    TVメディアで
    多数紹介

    様々な人気番組からオファーをいただき、大勢の八光堂の鑑定士がTVメディアで活躍しています。豊富な経験と確かな目利きはマスコミからもお墨付きです。

買取相場

万寿
遠藤兆映
万寿
買取相場価格
260万円
純金製香炉
松栄堂芳久作
純金製香炉
買取相場価格
770万円
純金茶釜
作家不詳
純金茶釜
買取相場価格
700万円
純金玉霰湯沸
石黒光南
純金玉霰湯沸
買取相場価格
580万円
純金香炉
作家不詳
純金香炉
買取相場価格
385万円
純金如来半跏像
松本明慶
純金如来半跏像
買取相場価格
240万円
福神(1963年)
北村西望
福神(1963年)
買取相場価格
180万円
純金聖観世音菩薩像
舟谷喜雲
純金聖観世音菩薩像
買取相場価格
125万円
純金放送1000回記念
松本徽章工業
純金放送1000回記念
買取相場価格
80万円
純金明日香
五竜人
純金明日香
買取相場価格
45万円

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

買取実績

貴金属買取
貴金属買取
金瓶
金瓶
純金 福神追加
北村西望 純金 福神追加
金杯
金杯

買取強化中の作品・作家一覧

  • 遠藤兆映

    遠藤兆映

  • 松栄堂芳久

    松栄堂芳久

  • 純金茶釜

    純金茶釜

  • 石黒光南

  • 純金香炉

    純金香炉

  • 松本明慶

    松本明慶

  • 北村西望

    北村西望

  • 舟谷喜雲

    舟谷喜雲

  • 大淵光則

    大淵光則

  • 北村静香

    北村静香

よくあるお問い合わせ

Q金製品なのかメッキなのか分からないのですが、査定してもらえますか?
お任せください。お持ちの金製品の純度などもきちんと見極め、査定させていただきます。
Qその日の金相場を考慮してくれるのでしょうか?
その日の金相場と、純度、ものによっては商品の美術的価値も考慮し査定額を提示させていただきます。
Qブランド物のジュエリーなんですが、金の価値でしか評価してもらえないのでしょうか?
ジュエリーやアクセサリーは、金そのものの価値の他にブランドやデザイン、装飾品なども評価の対象にさせていただいております。ご満足いただけるよう努めますので、ぜひ一度無料査定をお試しください。

主な金製品の種類と特徴

金製品と一口にいっても、その種類はさまざまです。その種類を分ける要素となるのが金の純度です。金製品と金の純度には深い関係があるため、ここでは5つの種類を詳しく見ていきます。

24K(24金)

いわゆる純金と呼ばれているものが24Kです。他の金属が混ざっておらず、純度が99.99%以上のものとなります。変化や腐食をしにくいのが特徴で、地金や金貨などに使用されています。価値は高いものの柔らかいため、一般的に細かい加工を行うアクセサリーなどに使用されるケースは少ないです。
鉱山で産出された段階では、純金であることが珍しく、他の金属が混じることがほとんどです。純金はインゴッドやコインなどの資産価値のある製品として加工されているため、投資対象としても注目されています。

22K(22金)

金の純度が91.6%~91.7%のものが22Kとなります。日本では22Kの金製品はほとんど作られないため、実際に見かけることも少ないといえるでしょう。
しかし、アジアの一部の国々では、価値が失われる可能性がある現金よりも、価値が変わらない資産として人気が高いため保有している方もいます。金は24Kで保有される方が多いものの、インゴッドは有事の際に持ち運びが困難です。
また、管理が難しく、柔らかいため、アクセサリーなどに加工しても変形やキズが付くリスクがあります。22Kは純金に次ぐ純度がある点と純金よりも硬い点から、22Kをジュエリーやアクセサリーに加工して身に付けることで有事に備えている方も少なくありません。22Kは標準金と呼ばれており、金貨を22Kで作成するケースもあります。

18K(18金)

18Kは金の純度が75%の金製品です。18Kは耐久性が高く、変色しにくいため、アクセサリーの加工に適した金性であるといわれています。
現在では、宝石店やブランドジュエリーで使用されるのはほとんどが18Kです。金の他には、銀や銅、パラジウムなどが含まれています。そのため、配合する素材と分量によっては、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどカラーバリエーションが豊富です。
オーソドックスなイエローゴールドは、銀と銅がそれぞれ10%~15%前後配合されている18Kです。10Kなどよりも純度が高いため、金属アレルギーになりにくいのも特徴といえます。比率や原価が高いこともあり、18Kの宝飾品などはある程度高価な値段で販売されています。

14K(14金)

14Kは金の純度が58.5%の金製品です。18Kの金以外の含有物が銀や銅が多いのに比べると、14Kは銀や銅などの他にパラジウムが混じることがあります。金の純度が低い分18Kよりも壊れにくいものの、輝きが弱く・変色や色落ちしやすいです。
安価でアクセサリーの製造・販売を行うために、14Kや10Kを使用したアクセサリーが増加しています。

10K(10金)

10Kは金の純度が42%の金製品です。配合する素材により、イエロー・ピンクゴールドなどが存在しています。輝きは18Kとはそれほど変わらないといわれるものの、色味に関しては、18Kは温かみがある・10Kはさわやかであるなどの違いがあります。
最近では、10Kを使用した国内デザイナーのジュエリーなどがセレクトショップなどで陳列されています。価格が安価で手軽に購入できるため、人気も高まりつつある状況です。
10Kは比較的硬く変形しにくい性質があるため、普段使いのアクセサリーにも使用されます。ただし、素材が硬いことから、宝飾品の修理店などにサイズ直しを依頼しても受け付けてもらえないことがあるため、注意が必要です。金属アレルギーを起こしやすい点も把握しておきましょう。

純度の調べ方と見分け方

ここでは、金の純度の調べ方と見分け方について解説していきます。金製品を購入する場合や手持ちの金が本物かどうか確認する際の参考にしてみましょう。

刻印

本物と表面だけが金色の製品の見分ける場合は、刻印を確認しましょう。例えば、アクセサリーなどに該当するリングなら内側に刻まれている、など種類ごとに刻印のある場所が異なります。
ちなみに金メッキであればGPやHGE・M / 1M / 3M / 5M・1/10・1/20、金張りの場合はGFやRGP・GR・GS、また電気メッキではGEPの刻印が刻まれています。こうした刻印がある場合はメッキ製品であるため、注意が必要です。

また、外国製品で18Kと刻印されているものは、純度が若干低い可能性があるため、気を付けましょう。

重さ

金製品はメッキ製品よりも重い点が違いといえます。アクセサリーの大きさやデザイン次第では、比較するのが難しい場合もあります。このような場合は、重さを量るなどの方法と組み合わせながら判別を行いましょう。

磁石

純金や金製品と混合して使われる銀や銅などの金属は磁石に反応しません。しかし、金メッキのベースの金属は磁石に反応する可能性があるため、磁石に近づけて引き寄せられた製品はメッキの可能性があります。
ただし、ネックレスなどのアクセサリーでは留め具が反応する事があるため、注意しましょう。

色味

インゴッドなどの純金の色味は、オレンジに近い深みのあるイエローです。金の純度が下がるほど明るいイエローになり、半分以上が金以外の物質である場合、金特有の輝きがなくなり、色味が暗くなります。
メッキ製品は表面にてかりが見られる・色味が薄くなるといった特徴があるため、見分ける際は意識してみましょう。

金の種類ごとの割り金と特徴

純金以外の種類の金製品に関しては、金以外の混ぜ物が含まれているため、配合する素材や分量により、さまざまなカラーゴールドが出来上がります。金の種類ごとの割り金と特徴について解説していきます。

イエローゴールド(YG)

イエローゴールドは、銀と銅を五分五分に混合させた金製品です。イエローゴールドは、黄色がかっているだけでなく、純金に対して混ぜ金を使用しているため、純度が下がります。
しかし、製品自体が硬くなるため、ジュエリーなどに加工しても曲がりにくく、折れにくくなるのが特徴です。色石や貴石ではキレイに見えるため、場所によっては多用されているため、純金よりもポピュラーな金製品です。

ホワイトゴールド(WG)

ホワイトゴールドは18Kの場合、金75%に対して、残り25%をパラジウム系もしくはニッケル系の金属を合わせたものとなります。主にジュエリーなどの宝飾品として利用されます。
パラジウム系とニッケル系の合金には違いがあります。パラジウム系を使用しているものがソフトホワイトゴールドとなるため、加工がしやすく、宝飾品に用いられることが多いのが特徴です。
ニッケル系を使用したものはハードホワイトゴールドとなります。白色が鮮明であるものの硬く、加工が難しい点が特徴です。ちなみに、ニッケルは人体には有毒な金属であるため、パラジウムを使用している製品が多くなっています。
シルバーカラーであることから男女問わず違和感なく使用できることもあり、ジュエリーメーカーはペアリングなどで採用しています。

ピンクゴールド(PG)

ピンクゴールドは、金と銅と銀またはパラジウムを混ぜて作成した合金です。混ぜる銅割り金の量はメーカーにより異なり、色味はメーカーごとに異なっています。
ピンクゴールドは、美しいピンク色であるため、可愛らしく女性らしい色味を製品に出すことが可能です。大手ジュエリーメーカーでもピンクゴールドを使用した製品が販売されています。
混ぜた金属が純金よりも硬く、ジュエリーなどに加工したとしても、長く愛用可能です。しかし、金の純度が低くなると、変色の可能性が高まることは把握しておきましょう。

いずれか1つをご用意ください
ご本人様確認の書類
運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証、住民基本台帳カード、
在留カード、特別永住者証明書
  • 18歳未満のお客様の場合は買取いたしません。
  • 18歳・19歳のお客様の場合、同意書と委任状が必要になります。
  • 2020年2月4日以降発行のパスポートは住所記載が無いため、別の確認書類(3ヶ月以内の公共料金の領収書・住民票)のご提示が必要となります。
  • 法人のお客様の場合、身分証として、名称、本店または主たる事務所の所在地と、当取引の任に当たっている代表者・担当者の氏名、住所、生年月日を証明できる書類が必要になります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

誰でもカンタン4ステップ

買取してもらうには?

《 出張買取の場合 》
  • 出張査定料 無料
  • 玄関での査定OK
  • 訪問日ご相談OK
  • 8日間以内 返品対応OK

お申し込み・訪問日を決定。

鑑定士が伺います。

お品物を鑑定。

現金または振込でのお支払い。

《 店頭買取の場合 》
  • 全店舗が駅から徒歩圏内
  • 買取成立したお客様限定
    駐車場代500円プレゼント!
    ※駐車証明書や駐車券をお持ちで、買取成立のお客様に限ります。
    お車でお越しの方はお申し出ください。他サービスとの併用可能。
  • 無料の鑑定・査定・相談
  • 荷降ろしお手伝い
  • 査定額の理由を丁寧に説明

お近くの店舗にご来店。

お品物を鑑定。

査定金額をその場でご提示。

現金または振込でのお支払い。

事前査定でもっと便利に

すぐにつながる 今すぐ出張・来店のご予約
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
気軽にお問い合わせ

電話で査定・相談

サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談