• テーブル
  • デカンタ
  • パネル
  • ランプ
  • 花器
  • 花瓶
  • 蓋物
  • 香水瓶
  • 燭台
  • 天吊灯
  • 陶器 置物
  • 文鉢

時計、宝石など買取いたします。

  • ランプ 買取価格180万円
  • 天吊灯 買取価格80万円
  • パネル 買取価格80万円
  • ピッチャー 買取価格75万円
  • 文鉢 買取価格74万円
  • 花瓶 買取価格70万円
  • マントルクロック 買取価格65万円
  • 花瓶 買取価格20万円
  • 蓋物 買取価格18万円
  • 香水瓶 三美神 買取価格16万円
  • デカンタ 買取価格15万円
  • トレイ 買取価格6万円
  • ガレの出張買取
  • ガレの店頭買取
  • ガレ買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定

シャルル・マルタン・エミール・ガレはアール・ヌーヴォーを代表する芸術家。ガラス工芸に家具、花瓶などの幅広い作品を残しました。高級陶器とガラス器の工場を営む家庭に生まれ、哲学や生物学、文学などの教養を修めるとともに家業のであるガラスや陶土のデザインを手がけました。ガレの作品には植物からインスピレーションを受けたものが多く、ガレの自宅には2000種以上の植物がひしめき合っていたといわれます。ガレは1878年にパリ万博に独自に開発した月光色ガラスを出品し銅賞を受賞。さらに万博が開催されたことでヨーロッパにジャポニスムのブームが起こり、ガレもその影響を受けました。

ガレは得た知識や経験を余すことなく作品に反映させ、1889年のパリ万博ではガラス部門グランプリ、陶器部門では金メダル、家具部門で銀賞と輝かしい結果を残しています。国際的な評価を得たガレはガラス加工の技法である「マルケトリ技法」、「パチネ素材」で特許を取得。1900年のパリ万博でも再びグランプリを獲得します。ガレはますます評価を高めるも1904年に白血病で死去。彼の工場も現在では解散し、敷地も売却されました。ガレの作品は今でもその功績を伝え続けています。

市場において圧倒的な人気を誇るガレの作品たち。ガレのランプや花瓶、香水瓶などのガラス工芸やアンティーク家具はコレクター垂涎の品。世界中のコレクターが集まる市場やオークションなどでも多数出品されています。その一方でガレには贋作も多く、その見極めには経験と知識が必要です。古美術八光堂はガレの取扱実績も豊富。経験豊かな鑑定士が丁寧に査定し、絶対の自信をもって高値で買い取らせていただきます。

買取可能です。
銀座本店→詳細はこちら
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
大阪本店→詳細はこちら
住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5 大阪本社ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
横浜本店→詳細はこちら
住所 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル 1F
営業時間 10:00~18:00
名古屋本店→詳細はこちら
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19サンエイビル 1F
営業時間 10:00~18:00
京都本店→詳細はこちら
住所 〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12
営業時間 10:00~18:00
広島本店→詳細はこちら
住所 〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-83 1F
営業時間 10:00~18:00
博多本店→詳細はこちら
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13博多駅前ビル1F
営業時間 10:00~18:00

フリーダイヤル:0120-29-8510

→店舗一覧

関西テレビ「よ~い!ドン」に出演!
店主・嵜本政司を特集していただきました。
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」出演!
芸能人のお宝を鑑定させていただきました。
毎日テレビ「古美術品買取同行取材」出演!
お父様の遺品の古美術品を鑑定しました。
関西テレビ「ビバ!北野家族」3ヶ月間レギュラー出演!
家庭に眠っているお宝を鑑定しました。
読売テレビ「女子アナなんでも鑑定団」出演!
いろいろなお宝を鑑定しました。
ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」出演!
掛軸を鑑定させていただきました。
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」出演!
自宅のお宝を鑑定させていただきました。

本当に満足です!ここまで高く買取ってくれるとは!

自宅から近くにお店がありましたので、ご相談させていただきました。買取店を利用するのは初めてでしたが、査定のシステムの詳細や作品についての説明をとても丁寧にしていただきましたので、これがプロの仕事なんだなといった感じで、感激しました。また、気に入っていた花瓶でしたが、有名な作品だと聞いて驚きました。本当にどうもありがとうございます。

この度は貴重な品をお持ちいただき、誠にありがとうございます。こちらこそ、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。
現在では青色のガラスは化学薬品を用いて容易に染色できるため、特段珍しいものではありません。しかし、1877年のパリ万博において、酸化コバルトを用いた濃紺のガラスをガレが初めて発表した際には世界中が驚き、一躍彼を有名な工芸家の地位にまで押し上げました。現在でも深い青色のガラス製品はガレの代名詞と認識されており、マーケットでは一定の需要があるため、比較的高額で買取させていただいております。また、ガレは生涯一貫して弟子や後継者を持ちませんでしたので、もともと数に限りがあるガレブランドの製品は、年々その価値が高まっています。
その他にもご不明な点、気になる品物などございましたら、ぜひ当店にお任せいただければと存じます。では、またのご来店をお待ちしております。

30年ほど前に妻とヨーロッパ旅行に行った際に購入した花瓶を買い取っていただきました。実際にほとんど使ったことが無かったのですが、逆にそれが良かったようでした。バブルの時代に購入したものでしたので、どのくらいの値段で買ったのか覚えていませんが、思ったよりも高額で引き取っていただけたので、お願いして正解でした。他にも引き取っていただきたいものがありますので、また相談させてください。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
ガレは19世紀半ばから20世紀初頭にかけて活躍したフランスを代表するガラス工芸家で、ユニークで繊細な作品を数多く残し、その独特な作品全体を「ガレ」と呼ぶこともあります。ガレの作品は当時のガラス工芸の最先端の技術が用いられており、今回お持ちいただいたような花瓶だけでなくテーブルランプ・天吊灯などさまざまで、現代でも多くのアンティークファンを魅了しています。今回は目立った傷やひび割れもありませんでしたので、相場に近い価格で買取させていただくことができました。ご満足いただけて私も嬉しく思っております。
ご質問等ございました際には、お電話やメールでお気軽にお訊ねくださいませ。その際に簡単な査定をさせていただくことも可能でございます。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

趣味で集めているアンティークの骨董品を買い取っていただきました。真贋の判断基準など色々と教えていただき、参考になりました。中でもガレについては私は全く存じませんでしたので、貴重な作品だと聞いて驚きました。また色々とご教授ください。どうもありがとうございました。

この度はご来店いただき、誠にありがとうございます。
ガレはフランスを代表するシャルル・マルタン・エミール・ガレ(Charles Martin E'mile Galle')は19世紀を代表するフランスのガラス工芸家です。酸化コバルトを用いた深い藍色のガラスを初めて開発したことで有名で、1877年のパリ万博で高い評価を得たことで一躍その名をヨーロッパ中に知らしめました。ガレの作品は今回お持ちいただいたようなテーブルランプだけでなく、花瓶や壷、天吊灯など多岐におよび、現在ではガレブランドの作品の数は限られていますので、マーケットでは高額で取引が行われています。お持ちいただいた品は若干ひび割れが見られましたが、問題なく買取させていただける範囲でした。ガレの作品は一つ一つ手作りでそれぞれが唯一無二のコレクションです。貴重な品をお売りいただき、ありがとうございました。
ガレだけでなく、その他のアンティークグッズにつきましても宜しければお持ち下さい。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

よくあるご質問
さらに安心の3つの強み
ガレ買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • ガレの出張買取
  • ガレの店頭買取
  • ガレ買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定
八光堂は幅広く様々な骨董品の買取に対応しております。
ページトップへ