• 火入
  • 花入
  • 掛軸
  • 香合
  • 純銀急須
  • 水差
  • 茶釜
  • 茶杓
  • 茶入
  • 茶碗
  • 鉄瓶
  • 棗

時計、宝石など買取いたします。

  • 純金 急須 在銘 買取価格320万円
  • 黒茶碗 久代 楽 了入 買取価格120万円
  • 茶碗 十二代 弘入 買取価格70万円
  • 備前徳利 藤原啓 買取価格5万円
  • 茶杓 即中斎 買取価格48万円
  • 掛軸 即中斎 買取価格48万円
  • 瀬戸 茶入 坐忘斎 買取価格45万円
  • 純銀瓶 在銘 買取価格43万円
  • 鉄釜 角谷一圭 買取価格30万円
  • 蒔絵 香合 買取価格23万円
  • 鉄瓶 在銘 買取価格23万円
  • 蒔絵 棗 黒田正玄箱 買取価格20万円
  • 茶道具の出張買取
  • 茶道具の店頭買取
  • 茶道具買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定

茶道具は茶の湯で使う道具の総称で、本格的に茶室でお点前を行うときには様々な茶道具が必要になります。客人をもてなす側となる亭主が用意する茶道具としては、茶碗・釜・風炉先屏風・柄杓・盆・水指・水注薬缶・茶筅・茶巾・茶巾筒・袱紗ばさみ・袱紗・茶器・茶杓・蓋置・建水・台子・菓子器・香合・掛け物・花入があります。数多くの茶道具は一年中全て同じもので使えば良いというわけではなく、季節やお招きする客人に合わせて、種類を変えたり新たに用意したりするため、より多くの茶道具が必要になります。

安価な茶道具であれば稽古用として気軽に使うこともできますが、本格的な茶席でのお点前となれば古美術品としての価値もある素晴らしいものが使われています。茶道具はそれぞれが高価であらゆる趣や美しさがあることから、美術品としての価値も高く、有名作家の作品や古くから伝えられている伝統ある茶道具は、茶人だけでなく収集家からも人気があります。

茶道具には非常に多くの種類と作品が存在し、価値も様々です。故人が遺した茶道具の価値を知らないまま、安く売り払ってしまったり、有料の処分をお願いしてしまったりする人も多くいらっしゃいます。

伝統美術を生業にしている者として、貴重な品がその価値を知られずに埋もれてしまわないよう「次世代へつなぐ」という思いで、古美術八光堂は創業以来40年以上にわたり、あらゆる美術品・骨董品の鑑定・買取を行ってきました。茶道具をはじめ、美術品や骨董品をお売りの際は、ぜひ私たちにご相談ください。

買取可能です。
銀座本店→詳細はこちら
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
大阪本店→詳細はこちら
住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5 大阪本社ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
横浜本店→詳細はこちら
住所 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル 1F
営業時間 10:00~18:00
名古屋本店→詳細はこちら
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19サンエイビル 1F
営業時間 10:00~18:00
京都本店→詳細はこちら
住所 〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12
営業時間 10:00~18:00
広島本店→詳細はこちら
住所 〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-83 1F
営業時間 10:00~18:00
博多本店→詳細はこちら
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13博多駅前ビル1F
営業時間 10:00~18:00

フリーダイヤル:0120-29-8510

→店舗一覧

関西テレビ「よ~い!ドン」に出演!
店主・嵜本政司を特集していただきました。
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」出演!
芸能人のお宝を鑑定させていただきました。
毎日テレビ「古美術品買取同行取材」出演!
お父様の遺品の古美術品を鑑定しました。
関西テレビ「ビバ!北野家族」3ヶ月間レギュラー出演!
家庭に眠っているお宝を鑑定しました。
読売テレビ「女子アナなんでも鑑定団」出演!
いろいろなお宝を鑑定しました。
ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」出演!
掛軸を鑑定させていただきました。
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」出演!
自宅のお宝を鑑定させていただきました。

本当に満足です!ここまで高く買取ってくれるとは!

亡くなった母の遺品整理の際に出てきた茶道具一式を買い取っていただきました。私は全然茶器のことは詳しくありませんでしたのでちょっと不安でしたが、分かりやすく説明してもらえて助かりました。この他にも査定していただきたいものがあるかもしれませんので、そのときはよろしくお願いします。どうもありがとうございました。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。お亡くなりになったお母様が大切になさってた茶道具と伺っておりましたので、できる限り丁寧に査定させていただきました。茶道具の歴史は非常に古く、鎌倉時代にまでさかのぼりますが、茶道が現在のような芸術として認識され始めたのは室町時代中期のわび・さびの東山文化のころのことで、その後は徐々に広く民衆にも浸透していきました。戦後は海外に骨董品と合わせて大量の茶道具が流出しましたが、中には今回お持ちいただいたような貴重な品もあります。当店では鑑定書や桐箱などの無い品物でも問題なく査定・買取をさせていただいております。その他にもお心当たりがおありの際にはお気軽にご相談くださいませ。もちろん、お電話でもご質問のみでも喜んでお受けさせていただきます。では、今回はご足労いただきありがとうございました。今度ともどうぞご贔屓くださいませ。

丁寧な査定のご説明、ありがとうございました。以前に鑑定して頂いた際には茶碗の相場や種類の説明を十分に受けられませんでしたので、納得することができました。また、茶器についてのおもしろいお話、大変参考になりました。主人も昔、骨董品を趣味で集めておりましたので、また何か質問させていただくかも分かりません。どうもありがとうございました。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。以前に他店で鑑定をご依頼された品とのことでしたので、今回当店がご提示させていただきました買取価格の詳細について、できる限り丁寧にご説明させていただきました。ご納得いただけたようで、私も安心しております。
茶器の価値は作者や時代背景などの骨董品としての価値と、ひびや割れなどの保存状態の良し悪し、そして現在のマーケットでの需要などにより判断され、時価が付けられます。マーケットでは一定の相場が設けられており、今回は保存状態が良かったので相場に沿った価格のご提案をさせていただきました。
当店では鑑定書や桐箱の無い状態の品物でも査定・買取をさせていただいております。その他、お心当たりのおありの品がございましたら、お気軽にお電話でご相談ください。では、またのご来店をお待ち致しております。今後ともどうぞご贔屓くださいませ。

他店にも何件か持ち込ませてもらいましたが、こちらが一番高額で査定していただけましたので、お願いしました。色々と参考になるお話も聞けて良かったです。またよろしくお願いします。

この度は貴重な品を多数お持ちいただき、誠にありがとうございました。
茶道と言えば室町時代後期の千利休が有名ですが、古くは鎌倉時代にさかのぼり、大陸から禅宗と共に抹茶が薬として伝わったことが起源だと考えられています。室町時代に入ると、唐の時代であった中国の陶磁器を「唐物」と呼び、これを茶器として用いた茶会が大名の間で流行していました。今回お持ちいただいた品も、この時代のものではないかと考えられます。茶道具には茶碗、茶釜、水指、茶筅、茶筒などの茶器や、掛け軸や香合、屏風などの茶室に飾る美術品なども含まれます。お持ちいただいた茶道具一式は保存状態も良く、それぞれが同じ時期に制作・使用されていた可能性が高いため、セット買取としての価格をご提案させていただきました。また、中でも茶器は希少価値の高い品がいくつかございましたので、そちらに関しましてもベストの価格を付けさせていただきました。ご満足いただけて私どもも安心しております。
その他にも美術品の買取をお考えとのことでしたので、またお気軽にご連絡いただければと存じます。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

よくあるご質問
さらに安心の3つの強み
茶道具買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 茶道具の出張買取
  • 茶道具の店頭買取
  • 茶道具買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定
八光堂は幅広く様々な骨董買取に対応しております。
ページトップへ