• パブロ ピカソ
  • マルク シャガール
  • 荻須高徳
  • 絹谷幸二
  • 児玉幸雄
  • 千住博
  • 中川一政
  • 東郷青児
  • 藤田嗣治
  • 奈良美智

時計、宝石など買取いたします。

  • 向井潤吉 買取価格230万円
  • マルクシャガール 買取価格220万円
  • 田崎広助 買取価格200万円
  • ポールアイズピリ 買取価格160万円
  • 東郷青児 買取価格150万円
  • 草間彌生 買取価格130万円
  • パブロピカソ 買取価格120万円
  • 徐 悲鴻 買取価格120万円
  • 絹谷幸二 買取価格120万円
  • 宮永岳彦 買取価格110万円
  • アンリマチス 買取価格100万円
  • 中川一政 買取価格90万円
  • 洋画の出張買取
  • 洋画の店頭買取
  • 洋画買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定

芸術文化の歴史が長い西ヨーロッパにおいて描かれた西洋画には、様々な技法や画材が使われています。技法ではモザイク・フレスコ・テンペラ・油彩・水彩などがあり、使われる画材は表現の仕方に大きく影響を及ぼしました。

中でもテンペラは初期ルネサンスの頃に多く使われた技法で、乾燥が早く明るい色彩に仕上がるのが特徴です。初期ルネサンスの頃に明るい色彩の絵画が多いのは、テンペラを使って描かれたことが理由です。テンペラの技法は粉末にした顔料を卵黄で溶いた絵の具を使って描く方法です。

そして15世紀頃からは乾燥が遅く修正がしやすい油彩画が発達し、直接キャンバスへ描くことも多くなってきました。19世紀頃になるとチューブ入りの絵の具が誕生し、そのおかげでアトリエの外へ出て戸外で描くことが可能になり、移り変わる自然の風景も絵画にすることができるようになりました。

水彩画は一般的には透明水彩を使って描かれた絵画を指し、古くは洞窟に描かれた絵画にも水彩絵の具が使われていたことから、歴史の長い技法といえます。

長い歴史の中に多数の有名画家が存在する西洋画は、数多くの作品が残されています。中にはあまり出回っていない作家の作品など、貴重な絵画もあります。

ですが、故人が生前コレクションしていたものを受け継いだり、人から譲り受けたりした作品の場合、その価値がわからないこともあるでしょう。中には、貴重な西洋画であってもそのまま処分されてしまうといったこともございます。

もしも価値のわからない西洋画を持ちでしたら、創業より40年以上、数多くの鑑定・買取を行ってきた実績をもつ古美術八光堂へ一度ご相談ください。私たちがきっと、お力になれます。

買取可能です。
銀座本店→詳細はこちら
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
大阪本店→詳細はこちら
住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5 大阪本社ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
横浜本店→詳細はこちら
住所 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル 1F
営業時間 10:00~18:00
名古屋本店→詳細はこちら
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19サンエイビル 1F
営業時間 10:00~18:00
京都本店→詳細はこちら
住所 〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12
営業時間 10:00~18:00
広島本店→詳細はこちら
住所 〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-83 1F
営業時間 10:00~18:00
博多本店→詳細はこちら
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13博多駅前ビル1F
営業時間 10:00~18:00

フリーダイヤル:0120-29-8510

→店舗一覧

関西テレビ「よ~い!ドン」に出演!
店主・嵜本政司を特集していただきました。
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」出演!
芸能人のお宝を鑑定させていただきました。
毎日テレビ「古美術品買取同行取材」出演!
お父様の遺品の古美術品を鑑定しました。
関西テレビ「ビバ!北野家族」3ヶ月間レギュラー出演!
家庭に眠っているお宝を鑑定しました。
読売テレビ「女子アナなんでも鑑定団」出演!
いろいろなお宝を鑑定しました。
ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」出演!
掛軸を鑑定させていただきました。
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」出演!
自宅のお宝を鑑定させていただきました。

本当に満足です!ここまで高く買取ってくれるとは!

大正生まれの両親が残した洋画を数点買い取っていただきました。長い間蔵にしまい込んでおり、手入れも何もしていませんでしたので、そもそも買い取っていただけるかどうか不安でしたが、思ったよりも高額で買取いただけてほっとしています。生前の両親からは絵のことはまったく聞いておりませんでしたので、一体いつ誰が描いた絵なのかさっぱり分かりませんでしたが、鑑定士の方から素人の私にも分かりやすいご説明をいただきました。お電話でも懇切丁寧に対応いただき、とても感謝しています。

この度は数ある買取店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございます。
洋画は戦中から戦後の高度経済成長までの間に海外から大量に流入しており、今回お持ちいただいた作品はその時期にご両親が集められたものだと考えられます。明るく強烈な色使いと大胆な構図は後期印象派の影響を受けており、19世紀後半から20世紀前半のヨーロッパで流行し、顔料の種類や保存状態などから考えて、当時に描かれたものである可能性が高く、相場に合わせた買取価格をご提示することができました。
当店では絵画の鑑定書が無い場合や、鑑定書が古い場合でも問題なく買取をさせていただいております。その他にもお心当たりの作品がございましたら、ぜひ当店をご贔屓によろしくお願いします。

亡くなった祖父が集めていた洋画を買い取っていただきました。私はまったく絵のことは分かりませんでしたので、一体どのくらいの価格で買い取りいただけるのか不安でしたが、お電話で簡単に査定いただいたときよりも高額で買取いただいて良かったです。絵についても作者やいつの時代のものなのかなど、丁寧に分かりやすく解説していただいて感謝しています。買取価格の決め方もきちんと説明いただきましたので、納得できました。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
洋画の買取価格は絵の作者や市場での人気、保存状態などによって大きく異なります。日本で特に人気な洋画は、19世紀末から20世紀初頭にかけてフランスを中心に発生した印象派と呼ばれる芸術流派の作品です。ルノワールやマネ、ゴッホ、ゴーギャンなどの印象派の作品は有名ですが、その他にも当時のあまり知られていない作家の作品でも人気が高く、高価買取価格で取引されています。今回は保存状態が非常に良かったので、相場に近い価格で買取させていただけました。
絵画のコレクションは鑑定書が付属していることが多いですが、もちろん当店では鑑定書が無い場合や、鑑定書が古い場合でも問題なく査定・買取をさせていただいております。そのほかにも買取をご検討の品物がございましたら、ぜひ当店をご利用くださいませ。

海外に住んでいた頃に購入した洋画を数点買い取っていただきました。もうちょっと価値のあるものかと思っていたので残念でしたが、詳しく解説していただけましたので、納得できました。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。ご満足いただける価格をご提示させていただきたかったのですが、お役に立てず申し訳ありません。最終的にご納得いただき、ありがとうございました。
今回お持ちいただいた品々はロココと呼ばれる美術様式のものが多く見受けられました。ロココは18世紀において主にフランスを中心に流行し、日本でも一定の人気があります。ロココはフランス語で「貝殻」を意味する「ロカイユ」が言葉の由来であり、曲線を効果的に用いた重厚な意匠や明瞭な色彩、優雅で貴族趣味な絵画様式などが特徴として挙げられます。代表的な画家として、シャルダン、ブーシェ、ヴァトー、ティエポロ、カナレットなどがおり、重厚で優雅な雰囲気の作品を数多く残しました。お持ちいただいた絵画はそうした時代に制作された作品かと存じます。
その他にも絵画の買取をご検討と伺っておりましたので、何かお役に立てればと存じます。もちろん査定・鑑定のみでも喜んでお引き受け致しますので、お気軽にお持ちくださいませ。では、またのご来店を心よりお待ち申し上げております。

よくあるご質問
さらに安心の3つの強み
洋画買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 洋画の出張買取
  • 洋画の店頭買取
  • 洋画買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定
八光堂は幅広く様々な骨董品の買取に対応しております。
ページトップへ