• 羽織
  • 小紋
  • 振袖
  • 付下げ
  • 訪問着
  • 有名作家
  • 留袖
  • べっ甲 かんざし
  • 草履 バッグ
  • 帯
  • 帯留
  • 反物

時計、宝石など買取いたします。

  • 守口華弘 買取価格38万円
  • 志村ふくみ 買取価格28万円
  • 久保田一竹 訪問着 買取価格28万円
  • 中村勇二郎 買取価格27万円
  • 北村武資 帯 買取価格22万円
  • 久保田一竹 帯 買取価格18万円
  • 羽田登喜男 訪問着 買取価格13万円
  • 加賀友禅 買取価格12万円
  • 牛首紬 買取価格12万円
  • 加賀友禅の訪問着 買取価格8万円
  • 藤林徳扇 帯 買取価格8万円
  • 大島紬 買取価格5.5万円
  • 着物の出張買取
  • 着物の店頭買取
  • 着物買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定

現代の日本では、普段着として着物を着る習慣はなくなってしまいましたが、より格式のある場所や場面、季節のイベントなどの際には着物で出かける習慣があります。着物も洋服と同じように、季節やTPOなどに応じて着る物を変えるため、着物は一着あれば良いというわけではありません。

フォーマルで着る着物は主に絹を使って作られ、織り上げた生地に染付をする方法でできた反物でつくられます。黒留袖・色留袖・振袖・訪問着・付下げ・色無地がフォーマルの着物にあたりますが、中でも第一正装は黒留袖で裾に模様があるほか、背中、両後ろ袖前・胸元に家紋が入ったものです。色留袖の場合も黒留袖同様に、5カ所の家紋が入っているものは第一正装となります。既婚・未婚問わず着ることができ、家紋の数を減らせば訪問着や付下げのように、ややカジュアルに着こなすことも可能です。

カジュアルな着物は柄付けをした「小紋」が一般的で、他には糸の状態で染めてから反物へ織り上げていく「紬」があります。

今もなおその美しさから愛され続ける着物は、国内だけでなく海外でも人気があり、実用だけでなく美術品としての価値も見出されています。

しかし着物を普段から着る習慣が薄れた現代では、専門家でない方が着物の確かな価値を知ることは難しいでしょう。誰かから譲り受けたり、故人が遺されたりした着物の場合は、価値を知られないまま処分されてしまうことも少なくありません。

売却や処分をお考えの着物をお持ちなら、ぜひ古美術八光堂へお問い合わせください。知識と経験豊富な鑑定士が確かな査定で高く買い取らせていただきます。

買取可能です。
銀座本店→詳細はこちら
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
大阪本店→詳細はこちら
住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5 大阪本社ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
横浜本店→詳細はこちら
住所 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル 1F
営業時間 10:00~18:00
名古屋本店→詳細はこちら
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19サンエイビル 1F
営業時間 10:00~18:00
京都本店→詳細はこちら
住所 〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12
営業時間 10:00~18:00
広島本店→詳細はこちら
住所 〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-83 1F
営業時間 10:00~18:00
博多本店→詳細はこちら
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13博多駅前ビル1F
営業時間 10:00~18:00

フリーダイヤル:0120-29-8510

→店舗一覧

関西テレビ「よ~い!ドン」に出演!
店主・嵜本政司を特集していただきました。
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」出演!
芸能人のお宝を鑑定させていただきました。
毎日テレビ「古美術品買取同行取材」出演!
お父様の遺品の古美術品を鑑定しました。
関西テレビ「ビバ!北野家族」3ヶ月間レギュラー出演!
家庭に眠っているお宝を鑑定しました。
読売テレビ「女子アナなんでも鑑定団」出演!
いろいろなお宝を鑑定しました。
ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」出演!
掛軸を鑑定させていただきました。
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」出演!
自宅のお宝を鑑定させていただきました。

本当に満足です!ここまで高く買取ってくれるとは!

祖母から譲り受けた着物を買い取っていただきました。ほとんど袖を通したことが無かったものですから、きれいなまま引き取っていただけれ良かったです。査定もスムーズできちんとご説明いただけましたので、また何かありましたらよろしくお願いします。どうもありがとうございました。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。御祖母様の大切な思い出の品と伺っておりましたので、できる限りご満足いただけるよう、丁寧に査定させていただきました。また、今回お持ちいただいた品はマーケットでも需要があり、なおかつ非常に保存状態が良好でしたので、相場に近い価格で買取させていただけました。
今回のような元禄模様の入った着物は日本人にとって馴染み深いものですが、主に江戸時代に登場したと考えられています。江戸を中心に全国に広がり、身分に関係なく武士も庶民も着ていました。明治時代の文明開化が訪れ、大正時代から昭和初期に入ると洋服が急速に浸透し、着物は徐々にその姿を消していきました。おそらく、御祖母様もその時期に着物を畳んで仕舞われたのではないでしょうか。非常に保存状態が良いのも、こうした背景があるかと想像します。
この度は貴重な品をお売りいただき、ありがとうございました。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

何度か利用させていただいています。他社さんと比べても高額で査定していただけることが多く、何よりも査定の内容をきちんと説明していただけますので、安心してお任せしています。今回引き取っていただいた着物はちょっと傷みがありましたが、問題なく買い取っていただけたので良かったです。

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
着物や呉服はその生地の質や保存状態などにより査定致しており、中でも上質な絹のものなどは高額な買取価格をご提示させていただいております。現代では冠婚葬祭などの行事の際にしかあまり着ることはありませんが、着物の起源は非常に古く、1800年近い歴史があります。3世紀ごろの日本は中国と交流を盛んに行っており、当時三国時代であった中国の内、呉の国の織物が日本に伝わったことから、現在でも「呉服」という言葉が残っています。着物はその時代の世相を反映しながら発展していきました。鎌倉時代から戦国時代の戦乱期には機動性を重視した簡素な着物が普及し、天下太平以後は華やかな色合いの着物がもてはやされました。現在では"kimono"が世界共通語になりつつあり、海外の認知度も高くなっていますので、マーケットでは新しい需要に伴い、相場も上昇しています。
今回お持ちいただいた着物は歴史ある品ですので、自信を持って高額をご提示させていただきました。どうぞ今後とも当店をご贔屓くださいませ。

着なくなった反物を買い取っていただきました。二束三文かと思っておりましたが、そこそこのお値段で引き取っていただけましたので良かったです。着物についての面白いお話を教えていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。どうもありがとうございました。

この度は当店をご利用いただき、心よりお礼申し上げます。こちらこそ、私のよもやま話にお付き合いいただき、どうもありがとうございました。
着物や呉服は時代と共にその形を少しずつ変えていきました。現在のような右前の着物は、およそ1000年前の平安時代に貴族の間で普及していた小振りな袖の「小袖」が始まりだと言われており、宮廷の貴族文化の象徴でした。その後、鎌倉時代や室町時代などのいわゆる戦国時代に入ると、機動性を重視した簡素な着物がもてはやされ、安土桃山時代には豊臣家が代表するような金や朱をふんだんに用いた華やかな着物が好まれます。現在、私たちが用いるような着物と帯の姿は、町人文化が栄えた江戸時代の初期に生まれ、以後およそ400年間ほとんど形を変えずに現代まで受け継がれています。
お父様が美術品収集がご趣味と伺っておりますので、その他にもお役に立てることがございましたら、ぜひお気軽にご相談くださいませ。もちろん査定・鑑定のみでも大歓迎でございます。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

よくあるご質問
さらに安心の3つの強み
着物買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 着物の出張買取
  • 着物の店頭買取
  • 着物買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定
八光堂は幅広く様々な骨董品の買取に対応しております。
ページトップへ