• 日本画
  • 墨蹟
  • 画賛
  • 古筆
  • 色紙
  • 短冊
  • 仏画
  • 花鳥画
  • 中国作家

時計、宝石など買取いたします。

  • 鏑木清方 買取価格170万円
  • 小倉遊亀 買取価格150万円
  • 上村松篁 買取価格130万円
  • 児玉希望 買取価格120万円
  • 川合玉堂 買取価格110万円
  • 上村松園 買取価格100万円
  • 福王寺法林 買取価格100万円
  • 奥村土牛 買取価格85万円
  • 王一亭 買取価格80万円
  • 棟方志功 買取価格80万円
  • 伊藤深水 買取価格75万円
  • 伊藤小坡 買取価格35万円
  • 掛軸の出張買取
  • 掛軸の店頭買取
  • 掛軸買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定

掛軸の歴史は古く、飛鳥時代に中国から伝来したといわれています。当時は仏教の礼拝に用いられましたが、その後、古い仏教と貴族が統御していた平安時代が終わりを迎えると、鎌倉時代には禅宗の影響による水墨画が掛軸に描かれるようになりました。掛軸が宗教的な意味合いから開放され、現在のように美術品として飾られるようになったのです。

室町時代に入ると、茶の湯の際に床の間などへ掛軸を飾り、客人をもてなすために用いられるようになりました。千利休が掛軸の重要性を説いてからは特に需要が高まり、来客に対する格式などを掛軸で表現する方法も取られるようになりました。

その後、江戸時代に掛軸は美術品としての価値をさらに高め、狩野派などの有名な画派によって大きく発展を遂げます。大和表具、茶掛表具、文人表具、本尊表具など、様々な形式の掛軸が生まれ、日本画を愛する人々から大きな支持を集めました。

床の間へ飾る掛軸は家人の思いを客人へ伝えるという役割を果たすだけでなく、先祖の思いを子供たちへ託すという意味も持っています。

古くから人々に親しまれ、国内をはじめ世界中で愛されている掛軸は、コレクションのためだけでなく、空間を格調高くする存在として大切に扱われ、有名作家によるものや数の少ない貴重な作品は非常に高い価値がつけられます。

しかし、鑑定知識を持っていなければ本来の掛軸の価値を知ることは難しく、時には不要なものとして廃棄されてしまうことも少なくありません。

故人のコレクションを受け継いだり、人から譲り受けたりした価値のわからない掛軸をお持ちでしたら、創業40年以上の歴史を持つ古美術八光堂へ一度ご相談ください。「伝統美術の魅力をつなぐ」という思いで、大切に査定いたします。

買取可能です。
銀座本店→詳細はこちら
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
大阪本店→詳細はこちら
住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5 大阪本社ビル 1F
営業時間 10:00~18:00
横浜本店→詳細はこちら
住所 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル 1F
営業時間 10:00~18:00
名古屋本店→詳細はこちら
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19サンエイビル 1F
営業時間 10:00~18:00
京都本店→詳細はこちら
住所 〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12
営業時間 10:00~18:00
広島本店→詳細はこちら
住所 〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-83 1F
営業時間 10:00~18:00
博多本店→詳細はこちら
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13博多駅前ビル1F
営業時間 10:00~18:00

フリーダイヤル:0120-29-8510

→店舗一覧

関西テレビ「よ~い!ドン」に出演!
店主・嵜本政司を特集していただきました。
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」出演!
芸能人のお宝を鑑定させていただきました。
毎日テレビ「古美術品買取同行取材」出演!
お父様の遺品の古美術品を鑑定しました。
関西テレビ「ビバ!北野家族」3ヶ月間レギュラー出演!
家庭に眠っているお宝を鑑定しました。
読売テレビ「女子アナなんでも鑑定団」出演!
いろいろなお宝を鑑定しました。
ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」出演!
掛軸を鑑定させていただきました。
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」出演!
自宅のお宝を鑑定させていただきました。

本当に満足です!ここまで高く買取ってくれるとは!

質屋や買取店を利用するのは初めてでしたが、電話で丁寧に応対していただいたので安心できました。ずっとしまいっぱなしで、あまりキレイに保管していなかったのでちょっと不安でしたが、問題なく買い取っていただけるとのことで良かったです。他にも骨董品のお話も参考になりましたので、主人と一緒にまた伺わせていただきます。どうもありがとうございました。

今回は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
ご家族が大事になさっていらした掛け軸と伺っておりましたので、査定内容・買取価格にご納得いただけて、私どもも安心しております。お持ちいただいた掛け軸の他にも坪や置き物などの骨董品の査定をお考えとのことでしたので、また何かご不明な点などございました際には、お気軽にお訊ねください。もちろん、ひびの入ったものや一部欠けているものなどでも査定の対象となりますので、どうぞご安心ください。
当店では保存状態の芳しくない作品や、鑑定書の無い場合でも問題なく査定させていただき、買取の検討をさせていただいております。
また、今回のようにお電話で事前にお話いただきますと、簡単な査定のご案内をさせていただいております。では、またお心当たりがおありでしたらぜひ当店をご贔屓くださいませ。またのご来店を心よりお待ち申し上げております。

実家に昔から掛けてあった掛け軸を買い取っていただきました。古いもので誰が描いたものなのかも存じませんでしたが、鑑定士の方から丁寧にご説明いただき、父も大変喜んでおりました。客間に堂々と飾っておきながら掛け軸や日本画には私も父も無頓着でしたので、日本画に描かれた「間」を味わうというお話は、親子共々興味深く拝聴させていただきました。本当にどうもありがとうございました。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。掛け軸が一般的に広まったのは特に室町時代の頃で、時の茶人であった千利休がもてなしの際に茶室に用いることを奨励したため、茶道の世界では季節や来客などに合わせて茶室の掛け軸を取り合わせるようになったと言われています。
室町時代末期のわび・さびの美意識が、質素で趣のある掛け軸の価値を見出したのですね。その後、江戸時代に入ると、狩野派などの有名な画派により、掛け軸はその美術的価値を大きく高めます。現代では昔ほど掛け軸は庶民の間ではもてはやされなくなりましたが、戦前の日本では特に珍しいものではなく、ちょっとした家柄の家を訪ねると、客間には必ずと言って良いほど掛け軸が掛けてありました。
今回は古くから伝わる大切な掛け軸とのことでしたので、査定・買取価格にご納得いただき、私もほっとしております。どうぞ、お電話のご相談だけでも構いませんので、またのご利用をお待ち致しております。

買取店を利用するのは初めてでしたが、お電話で丁寧にご対応いただけましたので、安心してお任せできました。どうもありがとうございます。また、先日はお電話で祖父の薀蓄話を聞いていただき、どうもご迷惑をおかけ致しました。迷惑ついでと言っては何ですが、お忙しく無いときにでもまた話し相手になっていただければと思っております。

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。また、先日は御祖父様からご丁寧にお電話をいただき、スタッフ一同感激しております。掛け軸や日本画に非常にお詳しく、楽しくお話をさせていただきました。
掛け軸は茶の湯と密接に関わっており、室町時代後期の茶の席では、来客や時間帯、季節などに合わせて茶室の掛け軸を取り合わせていたと言われています。もちろん現在の茶道でもその習慣は残っており、現在では高級料亭などでもそうした掛け軸の使われ方がされています。御祖父様は趣味で茶道を嗜まれていらっしゃるそうですので、そうした繋がりで掛け軸の良し悪しにもお詳しいのでしょう。今回お持ちいただいた掛け軸は若干染みや劣化が目立ちましたが、中には大変貴重な品もありましたので、できる限りのお値段をご提示させていただきました。
では、またのご来店を心よりお待ち申し上げております。御祖父様にもどうぞ宜しくお伝えくださいませ。

よくあるご質問
さらに安心の3つの強み
掛軸買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 掛軸の出張買取
  • 掛軸の店頭買取
  • 掛軸買取の24時間受付無料メール査定はコチラ
  • 簡単!LINEライン査定
八光堂は幅広く様々な骨董品の買取に対応しております。
ページトップへ