刀剣・武具買取

経験豊富、
専門の鑑定士がいる
八光堂へ

本来武具として作られた刀剣は、
骨董品としての一面も持っています。
日本刀をはじめとする刀剣の買取ならお任せください。

出張・来店のご予約、
その他ご相談がご希望の方は

  • 0120-29-8510
  • 受付時間10:00~18:00 年中無休/土日祝日も営業しています

らくらく、無料で相談電話をかける

価値や作家名の分からないお品でも安心してご依頼ください。

他の査定方法をみる

刀剣・武具買取で八光堂が選ばれる理由

八光堂店主

100,000点以上の買取データに裏付けられた
確かな目利き。

八光堂には刀剣・武具鑑定の
スペシャリストが多数在籍しております。

刀剣・武具買取
  • すべて無料

    すべて無料

    査定料・鑑定料・その他手数料などは一切いただいておりません。

  • 豊富な鑑定力

    確かな、鑑定力

    創業、40年以上の歴史の中で培われた、100,000件を超えるデータベースをもとに高価買取いたします。

  • 全国出張可能

    全国出張可能

    全国どこでも、無料で出張いたします。査定・鑑定などの手数料は一切いただいておりません。

  • 即現金買取

    即現金買取

    高額買取であっても、即現金でお支払いすることができます。

  • プライバシーの保護

    プライバシーの
    保護

    お客様プライバシーに配慮し、秘密厳守。訪問の際、社名入りの車は使いません。

  • 買取ジャンルが豊富

    買取ジャンルが
    豊富

    多岐に渡る、ジャンルに精通する専門的な知識を有した鑑定士がまごころ込めて対応いたします。

テレビ出演多数!

メディア出演実績

オーナー写真

2017年7月30日放送 テレビ東京系列「日曜ビッグバラエティ」
【あなたのゴミがお宝に!平成のリサイクル密着24時】

2017年5月28日放送 毎日放送「VOICE」
ニュース取材

2017年5月28日放送 テレビ東京系列「日曜ビッグバラエティ」
【とりあえず、1回全部出してみる!断捨離で家の中スッキリ大作戦】

2017年2月2日放送 読売テレビ「かんさい情報ネットten.」
『アナタの味方!お役に立ちます!』のコーナー

2016年9月9日放送 関西テレビ「よーいドン!」
『発見!関西ワーカー』のコーナー

2016年6月8日放送 日本テレビ「NEWS ZERO」
ニュース取材

八光堂ならではの
高価買取できる3つの理由

  • 鑑定力

    創業40有余年、30,000件を超える信頼の買取実績。

    創業40有余年、
    100,000件を超える信頼の買取実績。

  • 豊富な実績

    世界中の愛好家が買い手。海外に広がる販売網。

    世界中の愛好家が買い手。
    海外に広がる販売網。

  • 販売力

    お得意様への直販で、骨董文化の橋渡し役に。

    お得意様への直販で、
    骨董文化の橋渡し役に。

他社と比較すると
こんなに違うんです!

状態が良い場合や八光堂で品薄の場合は特に査定額が高額に!

刀 78cm 筑前住源信国

他社比較イメージ
  • A社980,000
  • B社1,000,000
  • C社500,000

八光堂なら1,100,000

買取強化刀剣・武具

八光堂では、日本刀、脇差、短刀、サーベルをはじめ甲冑、兜、火縄銃、鍔、目貫などの刀装具を買取しております。
作者が分からない、など不安や不明点がございましたら、ぜひ「八光堂」までお問い合わせください。
誠心誠意、親身な対応を心がけます。

その他 作家一覧ページへ

刀剣・武具買取実績

古美術八光堂ではこれまでに刀剣・武具の高価買取実績があります。ほんの一例をご紹介いたします。
※相場変動およびお品物の状態により買取価格が変動するため、その都度、最新の買取価格を鑑定士がご提示させていただきます。

  • 刀(白鞘)
    買取参考価格 47万円
  • 刀(白鞘・拵え)
    買取参考価格 30万円
  • 刀装具
    買取参考価格 130万円
  • 刀(白鞘・拵え)
    買取参考価格 40万円

出張・来店のご予約、
その他ご相談がご希望の方は

  • 0120-29-8510
  • 受付時間10:00~18:00 年中無休/土日祝日も営業しています

らくらく、無料で相談電話をかける

価値や作家名の分からないお品でも安心してご依頼ください。

他の査定方法をみる

刀剣・武具買取商品

八光堂では、日本刀、脇差、短刀、サーベル、甲冑、兜、火縄銃などの銃砲、目貫、鍔などの刀装具などの刀剣・武具類の高価買取をいたします。
作家名のあるもの、無名のものも全て拝見させていただきます。また、拵えや刀装具につきましても1点からでも買取させていただきます。まずはお気軽にご相談いただければと思います。
刀剣と銃砲類の査定・買取につきましては、登録証が必要となりますのでご注意ください。

  • 刀
  • 脇差
    脇差
  • 短刀
    短刀
  • 兜
  • 甲冑
    甲冑
  • 火縄式銃砲
    火縄式銃砲
  • 刀装具(鍔)
    刀装具(鍔)
  • 刀装具(目貫)
    刀装具(目貫)
  • 刀掛け
    刀掛け
  • 矢

出張・来店のご予約、
その他ご相談がご希望の方は

  • 0120-29-8510
  • 受付時間10:00~18:00 年中無休/土日祝日も営業しています

らくらく、無料で相談電話をかける

価値や作家名の分からないお品でも安心してご依頼ください。

他の査定方法をみる

刀剣・武具 買取についてよくある質問

蔵を整理していたら古い兜が出てきました。価値を知りたいのですが?
ぜひ一度、拝見させてください。時代や状態によって異なりますが、甲冑や武具鑑定のスペシャリストがおりますので、お気軽にご相談ください。
拵えだけ持っているんだけど、買取してもらえるの?
買取可能です。拵えのつくりや状態により買取額も異なりますので、まずは、お気軽にご相談ください。
自宅整理時に出てきた日本刀。登録証は無いけど、査定だけでもしてもらえるの?
査定は可能ですが買取は登録証が無いと出来ません。
登録証が無い刀は所持も持ち出しも出来ませんので、まずはじめにお住まいのご住所を管轄する警察署へご相談ください。警察署にて「刀剣類発見届」を提出し「刀剣類発見届出済証」を発行してもらいます。さらに、各都道府県の教育委員会に連絡し、登録する刀の審査日を決めてもらい、審査日当日に刀と「刀剣類発見届出済証」を持参して審査を受けていただきます。(審査料必要)登録が承認されると当日、登録証が発行されます。

刀剣・武具 を売却されたお客様の声

お客様のコメントC

ずいぶん昔にヨーロッパに住んでいた際、古美術店で購入した日本刀を買い取っていただきました。業物ではないだろうし、二束三文だろうと思っておりましたが、元が取れる値段でしたので感激しております。他にも細々としたアンティークも引き取っていただけるとのことでしたので、またご相談させていただきます。ありがとうございました。

開閉ボタン

店主からのコメント

この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
日本刀と海外の繋がりは深く、平安時代後期から鎌倉時代初期にはすでに中国などに「宝刀」として輸出されていたと言われています。中世においてはヨーロッパなどの諸外国の剣は壮麗な装飾を施した鞘に美術的な価値を置きますが、日本刀はそれと異なり、拵えではなく刀身自体に美術的価値を見出します。剣としての実用性と美術的価値を兼ね備えた刀身の魅力と昨今のジャパンブームが合わさり、特に欧米では日本刀は現在でも根強いコレクターからの需要があるため、マーケットでは高値で取引されています。
今回は貴重な品をお持ちいただき、ありがとうございました。アンティークに関しましても、当店では専門の鑑定士が在籍しております。傷や割れのあるものなどでも査定の対象とさせていただいておりますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。では、またのご来店をお待ち申し上げております。

開閉ボタン

お客様のコメントB

祖父が大事にしていた日本刀を買い取っていただきました。鑑定書がかなり古いものでしたので値落ちしてしまうかと思っておりましたが、思っていたよりも高額で買い取っていただけました。大変満足しています。ありがとうございました。

開閉ボタン

店主からのコメント

この度は数ある買取店から当店をお選びいただき、誠にありがとうございます。
日本刀が骨董品や芸術品として認識されるようになったのは戦乱が収まった江戸時代からであり、大名たちの間では高価な贈答品として扱われていました。その後、黒船襲来と明治維新の激動の時代に入ると、政府から廃刀令が発布され、日本刀の多くは国外へと流出しました。海外の剣と比べて華奢で美しく、それでいて抜群の強度を誇る日本刀はすぐに貴族やコレクターたちの間で評判になり、人気を博しました。現在でも海外には多くの日本刀コレクターがおり、昨今の日本ブームも合わさり、マーケットでは国内外を問わず高額で取引が行われています。
今回お持ちいただいた日本刀は保存状態も良く、鑑定書も付属しておりましたので、相場に近いベストの買取価格をご提示させていただきました。その他にもお心当たりの品がございましたら、ぜひ一度お気軽にご相談くださいませ。もちろん、お電話で簡単な査定をさせていただくことも可能でございます。またのご来店をお待ち致しております。

開閉ボタン

お客様のコメントA

丁寧な査定とご説明、感謝しております。日本刀は手入れをしないとすぐに錆びてなまくらになってしまうと聞いておりましたので、買い取っていただいても二束三文かと思っておりましたが、思ったよりも高額をご提示いただきましたので驚きました。また、おすすめの食事処や観光地など教えていただき、おかげさまで妻も喜んでおりました。本当にありがとうございました。

開閉ボタン

店主からのコメント

この度は遠方からわざわざ足を運んでいただき、誠にありがとうございます。観光もお楽しみいただけたようで、私も嬉しく思っております。お父様の生家に代々伝わる日本刀とのことでしたので、ご満足いただけるよう、できる限り丁寧な査定とご説明を心がけさせていただきました。日本刀の魅力は1000年以上にも及ぶ長い歴史でもあるのですが、やはりその時代ごとの世相が刀身にそのまま表れている点です。
例えば武家社会の鎌倉時代から戦国時代においては反りが大きな「太刀」と呼ばれ、戦乱の落ち着いた江戸時代に入ると日本刀は武器としてではなく芸術品として評価されるようになります。今回お持ちいただいた日本刀も江戸時代に作られたものであり、貴人同士の贈答品として用いられていたと考えられます。銘柄も有名な工房の作品でしたので、相場に近い買取価格をご提示させていただけました。
また、今回のように鑑定書などお持ちで無い場合であっても、問題なく査定・買取させていただいておりますので、その他にも何かお心当たりがおありでしたらぜひご相談くださいませ。では、またのご来店をお待ち致しております。

開閉ボタン

2つの選べる買取方法

出張買取

「近くに店舗がない」「品物が多い」「運べない」方に便利です

  • 全国どこでも出張可能
  • 出張査定料 無料
  • 玄関での査定OK
  • 訪問日指定OK
  • 8日間以内 返品対応OK
  • 出張買取イメージ1

    お申し込み・訪問日を決定。
  • 出張買取イメージ2

    鑑定士が伺います。
  • 出張買取イメージ3

    お品物を鑑定。
  • 出張買取イメージ4

    現金でのお支払い。
オーナーイメージ

出張・来店のご予約、その他ご相談がご希望の方は

フリーダイヤル 0120-29-8510

受付時間10:00~18:00 年中無休 / 土日祝日も営業しています

店頭買取

来店のご予約OK!

買取の相談だけでなく、骨董品にまつわるお客様の悩みに親身にお答えします。

  • 来店買取イメージ1

    お近くの店舗にお気軽にご来店ください。
  • 来店買取イメージ2

    お品物を鑑定。
  • 来店買取イメージ3

    査定金額をその場でご提示。
  • 来店買取イメージ4

    現金でのお支払い。

刀剣・武具買取について

刀剣は武具として戦いのために用いられてきただけではなく、古くは神々への信仰のための道具や魔除けの道具として使われてきた歴史も持っています。また、古いものは骨董品として取り扱われてもいます。

日本の刀剣である日本刀は、海外からも高く評価されています。職人が作り上げた日本刀は切れ味が良いことはもちろんですが、見た目にも美しく、刀身や柄の細工など、精巧に作られた日本刀は美術品として高く評価されることも珍しくありません。

時代によって姿を変えてきた日本刀ですが、平安時代までは「直刀」と呼ばれるまっすぐな刀身でした。現在馴染みのある曲線のある刀身に変わりはじめたのは、平安中期以降だといわれています。平安時代から室町時代にかけて主流であったのは、刀身がおよそ2尺(約60㎝)以上ある太刀です。馬上での戦いに使いやすいように、反りがあり長い刀身になっています。室町時代後期以降は、馬上よりも地上戦が主流になったため刀身がやや短い刀が作られるようになりましたが、長さだけでは明確に分類できません。

日本刀には名刀と呼ばれるものがあり、有名なもは国宝や重要文化財に指定されています。現在も日本刀を作り出す刀匠は存在し、日本に古くから伝わる武士の魂をつないでいます。

刀剣は骨董品や美術品としての価値があり、床の間などに飾られることもありますが、本物の刀剣は所持するのに銃砲刀剣類登録証が必要で、取り扱いの難しい危険なものです。価値ある刀剣はきちんと維持管理が必要です。昨今では、先祖代々伝わってきた刀剣が自宅にあるものの、管理に困っている方も多いようです。そのような刀剣・日本刀をお売りの際は、古美術八光堂にお任せください。知識・経験豊富な鑑定士による確かな査定で、高く買い取らせていただきます。

刀剣・武具 買取紹介

  • 小さな芸術品・目貫

    現在でもコレクターも多い人気の日本刀。その日本刀には職人技が光る数々の刀装具が魅力のひとつでもあります。持ち主と職人の強いこだわりが生んだ刀装具のひとつである目貫をご紹介します。"小さな芸術品・目貫"を読む

  • 甲冑の移り変わり

    大河ドラマなどでもよく目にする武将が身に着けていた鎧。古くは弥生時代からと言われ、平安~戦国時代へと時代の流れとともに素材や装飾も変化してきました。"甲冑の移り変わり"を読む

  • 日本の伝統美・日本刀

    日本刀を所有したり売却するにはまず各都道府県の教育委員会が発行する銃砲刀剣類登録証が必要となります。ご自宅や蔵などから刀剣や銃砲類が発見された場合は、そのままにしておかず、必ず管轄の警察署にご相談ください。"日本の伝統美・日本刀"を読む

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ