掛軸 菱田春草

菱田春草

斬新な技法を用いて、美しく果無い幽玄を表現し続けた画家、掛軸買取 菱田春草。「落葉」「黒き猫」という日本美術の名作に残る大作を手掛けており、今でも多くの支持を集めている日本画壇の1人として知られています。さて、そんな菱田春草ですが、長野県飯田に1874年に生まれています。若き頃より、絵画の世界に憧れて上京を決意、1890年に東京美術学校に入学を果たします。当時、横山大観が後輩としていた事が有名です。さらに、その時の師であったのが、狩野派の末裔である橋本雅邦ということもあり、校長の岡倉天心の下、菱田春草は、大きな影響を受けたとも言われています。当時、過激な日本画への改革を押し進めてきた岡倉天心は、様々なトラブルと共に解任。それとも、横山大観なども去っていったのです。そして、そこで立ち上げられた美術団体、日本美術院の創設に菱田春草も参加することになったのです。全く新しい日本画を追求していた菱田春草は、輪郭線を廃した無線描法を試みた作品を多く描きます。しかし、この技術は当時、世間の非難を呼び、「朦朧体」と揶揄され、批判されていました。「賢首菩薩」なども、この技法を用いた為か、出品した展覧会では審査員の理解を得ることはできず、結果的に落選ということになったのです。さて、しかし代表作である「落ち葉」では、伝統的な屏風形式を用いながら、空気遠近法を融合。日本画が今まで成し遂げることのできなかった、合理的な空間表現を実現することに成功しています。この斬新な作風で、一躍話題となったのですが、何と腎臓疾患を患ってしまい37歳という若さでこの世を去ることになったのです。横山大観も、後に大家となりながら、菱田春草の方が優れているという発言を残すほど、日本美術界は、大きな宝を失ってしまったのです。掛軸買取に関して、菱田春草の作品は非常に高価な価格がつけられます。若くして他界しただけに、作品もそう多くはありません。批判に怯えることは無く、自らの世界観を貫き通した天才的画家、菱田春草。彼の存在によって、日本画の未来が変化したことは、いうまでも無いのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ