アビランド

アビランド

アビランド

アビランドはアビランド社のメインブランドです。 1842年ダヴィッド・アビランドによって創業しました。 食器類の輸入販売を行うアビランドの子会社としてリモージュに陶磁器工場を創立。これがスタートです。 手書きの絵付けではなく、転写式の装飾法を採用して、芸術性と生産性の向上にも努めました。

さまざまな芸術家とのコラボ

ゴーギャンやラリック、コクトーなどの芸術家たちともコラボして、1927年中国の青磁の色を作成することに成功しました。 アラントマとコラボした動物シリーズは、オウムやオオハシ、ブラックパンサーなどリアルな絵画を見ているようです。 アンペラトリスユジェニー。これはアビランドのロングセラー。ナポレオン3世皇后が特別に注文した作品です。デザインは可憐なすみれの花模様です。 アビランド リモージュのコーヒーカップは「なめらかな肌のよう」と言いあらわされる、白磁の上に描かれた花模様は、 各国の王族や帰属に愛され続け、有名ホテルやレストランでも使われていることに納得します。

美の追求をした165年間

アンティークのフルールブルーは、100年前のアンティークなのですが、パステルブルーとグリーンが爽やかなコントラストで、 1点1点やわらかい質感で描かれた水仙の花です。すべて花の表現、構図が異なり、 形も花びらのようにシェイプされてとても愛らしいカップです。 プティローズやオレンジローズ、フォルツェローズとバラをモチーフに使ってる作品が多いのですが、 そのバラの一つ一つにとても個性があります。 ジャポニズム的なアビランド・イマリルージュは、日本の伊万里焼をモチーフにした フランス人のエレガント感覚でつくったデザイン。日本的だけれど、どこかスタイリッシュな作品です。 165年の歴史あるアビランドはずっとその間、美の追求をしてきました。5万点に及びデザインの西洋美術品は、世界のアンティークファンに愛されるブランドです。 コンセプトは時代を反映したファッション性のある食器と「食卓にアート」をという精神は永遠に継がれていくでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ