エミール・ガレ

エミール・ガレ

エミール・ガレ

エミール・ガレは、1846年フランスの北東部、ナンシーで生まれた。ガレの父は陶器工場を営んでいた。19歳のときにドイツに留学し、ドイツ語とデザインの勉強をし、ガラス工場でガラス製造の技術を習得した。その後普仏戦争の兵役後、父に付いてイギリスで美術館を見学した。31歳の時に工場管理責任者を任され、翌年にはパリ万国博覧会にガラスや陶器の作品を出品し、賞を受賞している。そして、43歳の時、パリ万博のガラス部門でグランプリを、陶器部門で金メダルを受賞した。

様々なイメージを想起させるガレの作品

ガレの作品には、あらゆる装飾が施されているだけでなく、表面に詩の一説などが記されており、様々なイメージを想起させるものである。例えば、「トリステスの花器」は、青い花器に金、銀、玉虫色でおだまきの花を浮かび上がらせている。大きな銀箔を閉じ込め、下部からは水蒸気を立ち上らせている。そして、ボードレールの「悪の華」の一節を花器に記しているのである。このようにして、ガレは、工芸品であるガラスを芸術作品にまで高めたといわれるが、あくまでその作品は用の美を追求したものであり、工芸品西洋美術の域に留まっていた。

美しい「手」に託したガレの思い

そんなガレが、唯一晩年に制作したオブジェが「手」である。自らの内なる芸術的欲求に基づいて作られた、純粋な芸術作品である。 その「手」は、海の中から浮かび上がってきたものであり、貝殻がこびりついていたり、海藻が巻き付いていたりする。その「手」は様々な色に輝き、虚空に向かって差し伸べられており、海の中から、波間に浮かぶ無数の月の影を拾おうとするかのようである。 美しい「手」に託したガレの思いは一体何だったのであろうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ