【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

ガラス

ガラス

我々人類の生活に深く結びついているガラス。黒曜石が矢じりや刃物などに使用されていることでも知られており、紀元前数千年という前から人間の日常に密着しています。現在のガラスの成型法として知られている宙吹きと呼ばれる技法が考案されたのは、1世紀と言われており、12世紀には、ベニスでガラス技術の発展し現在にいたります。因みに、このベニスでも、伝統のガラス作りが継続されており、ブランド品として非常に価値あるもとと見なされています。さて、ガラスというとどういったものを想像するでしょうか。ガラス自体、個体ということには変わりないのですが、他の貴金属などとは全く違う性質を持っています。ガラスは、他のものとは違い「非晶質」と呼ばれています。通常、結晶が平衡状態になるのですが、ガラスは非平衡のままで液体が過冷却されるため、固体となるのです。また、ガラスの特徴としては透明であることがあります。可視光を散乱せず吸収もしません。主成分であるSiO2やB2O3,Al2O3などが可視光を吸収しないだけでなく、散乱をさせる結晶粒界も存在していない事が、ガラスが透明であることに関わっているのです。何かには、着色ガラスなどもありますが、金属元素を添加してこういったデザインなどを多種多様に作ることができるのです。ガラスには、様々な種類がありその用途も様々です。フォトクロミックガラス、各種基板用ガラス、電気伝導性ガラス などその数は、観賞用から住宅用、企業用など多岐に渡っています。そして、観賞用であったり日常品としてのブランドガラスも多くあります。例えば、バカラにラリック、ドームにヴァルサンランベールなど聞いた事があることでしょう。さらに、日本のメーカーでは、HOYAが有名です。普段使いするには、非常に高価なものですが、貴族や特別な生活を望んでいる方にとってみれば、生活のランクを一気に上げることができる芸術品です。骨董品買取 ガラスの世界は奥が深く、一度足を踏み入れることで、その魅力に取り憑かれてしまうことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談