フッチェンロイター

フッチェンロイター

フッチェンロイター

フッチェンロイターの歴史は1814年バイエルンベルクでカール・マグヌス・フッチェンロイターによって始まりました。白磁の材料となるカオリンを発見して工房を開いたのです。 しかし、バイエルンには既にニュルンベルク王立窯があったことから、政府はなかなか認可を認めようとしませんでした。しかし、マクリミシアン1世に懇願し、8年後ようやく認可されたのです。

他社を買収し新たに芸術部門を開設

日本でもおなじみのライオンのロゴのフッチェンロイターは息子であるロレンツ・フッチェンロイターが1857年独立してバイエルンのゼルプに創立しました。 フッチェンロイターは1900年代になると次々と他社を買収していきました。1906年イェーガー、1917年パウル・ミュラー、1927年ティルシェンロイトが挙げられます。そして、1969年、もともと父が創立したフッチェンロイターも買収して、新たに芸術部門を開設し、芸術、技術も向上して、フィギュリンも多く作られました。

人間の手にまさる技術、機械は存在しない

創業以来、「人間の手にまさる技術、機械は存在しない」と信念で、100人以上の手を経て白磁ができあがり、絵付け作業は手作業を貫いています。 しかし、2000年ローゼンタールグループに合併され、また、このローゼンタールとの合併後2006年にウェッジウッド社の傘下に入ったのです。 複雑な経路をたどって、今日に至っています。

夢があって可愛らしいものが多いフッチェンロイター

フッチェンロイターの食器は、なかなか夢があって可愛らしいものが多いです。 サマードリームというタイプはバラのイエローとグリーンの組み合わせがさわやかなシリーズです。使っている人によれば、とても丈夫で、食洗機にもどんどんかけられるもので、普段遣いで十分耐えうる耐久性があるそうです。 フッチェンロイターからは様々なシリーズの西洋美術品食器が登場しています。残念ながらサマードリームシリーズは、既にグリーンもサンもブルーも廃番になってしまいました。愛好家の中にはこのシリーズのファンも少なくないのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ