中村彝

中村彝

中村彝

大正時代の洋画家、中村彝。中村彝は父を早くに無くしており、軍人の兄によって育てられました。その影響から自身も軍人を目指しますが、肺結核にかかりその夢を諦める事を与儀なくされてしまいます。そこで第二の夢として、芸術家を志します。本格的に絵画を始めたのは18歳。なんと22歳にて、早くも文典に入選を果たしています。初期の代表作としては、23歳に作成した海辺の村があります。 26歳から27歳ごろにかけてからは、彼の代表的な人物画である小女 裸婦画である少女裸像などを描き上げました。この作品のモチーフとなった女性は、彼の絵画人生における重要な人物です。この女性の名は相馬俊子と言い、彼が人生の中で最も愛した女性です。しかしこの恋は実らず、その事がその後の彼の作品に強い影響を与える事になります。彼の絵画の中で最も有名な作品は、エロシェンコ像でしょう。盲目の詩人をモチーフに描いたこの作品は、人物の内面に深く迫っており、人物画というレベルを遥かに超えるものを感じさせるものです。技術的にもこの作品によって、中村彝がこれまでに培ってきたものが最大限に生かされております。あらゆる点から見ても、この作品が彼の代表作である事に異論を挟む者はおりません。中村彝の作品を年代別に見てみると、改めて彼の内面が強く作品に表れているという事が解ります。軍人の夢を諦めざるを得なくなり、そして絵画に夢を再び見出した頃の、希望に満ち溢れたエネルギー溢れる風景画 巌。恋という人生の喜びを知った頃の俊子をモチーフとした一連の作品。その恋が破れ、病状も悪化し絶望と戦っている頃の頭蓋骨を持てる自画像。画家としては、生前にも多くの評価を得て、今に至るまでその名をしっかり美術史に刻んだ中村彝。画家として成功はしたものの、人生そのものは決して幸福とは言えなかったでしょう。彼の絵画には、そんな彼の悲しみや苦しみが強く表れています。しかしそんな中にも、一縷の希望や輝きが宿っており、決して暗いだけの作品ではないという所に、中村彝の複雑な魅力を感じざるを得ません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ