中村清治

中村清治 ピンクのブラウスの婦人

中村清治は1935年に生まれた日本洋画家です。神奈川県に生まれ、画家を目指し上京し東京芸術大学の油画科を卒業しています。その8年後、初の個展を開いており様々なグループで活躍をしています。中村清治の作品の特徴はオーソドックスでトラディショナルな作風でありながら、フォルムの単純化、明暗を絶妙に使い分けたその色彩感覚に明快な色彩使いで描かれるマチエールはまさに写実的です。人物画を主に描き続けている中村清治は数々の名誉ある賞にもか輝いていることで、日本の美術界に名を馳せています。陰影にこだわり続けたその作風を描くストイックな雰囲気は、まさに芸術に魅せられた絵描きのようでした。そんな中村清治の作品でも淡くどこか懐かしく、胸が締めつけられる作品が「ピンクのブラウスの婦人」です。まさにパステルや春、命の芽吹きを感じるかのような淡く繊細な色彩の構図で描かれているこの作品。さらに中心でチェアに腰を下ろし、こちらを果敢なげに見ている婦人のブラウスやハットがおりなす、陰影の表現が見事という他ありません。色白で美しい女性をより美しく魅せるように配置された色でさえも、幻想的で、垰やかなメロディが聞こえて来るかのような、素敵で素晴らしい作品です。また,リアリズムが追求されている作品であるのであれば「ガラスコンンポートのある静物」ではないでしょうか。大振りのチェック柄の布の上に配された数々の日常道具が、色彩のバランスを整えられながら配置されています。バックに描かれる白の扉の陰影の使い方が見事であり、写実的ながら物語が聞こえてきそうな情緒的なタッチがマチエールに描かれているのです。そんな中村清治ですが、常に新しい刺激を求める度を続けており、1994年の画業40周年を記念した「やわらかい光さしこむアトリエから」という記念展示の翌年にはすでにスケッチ旅行として渡欧しているどん欲さなのです。その後も個展、渡欧を繰り返し、常に自分の作成意欲を刺激しているのです。芸術というものへの愛情を自分なりの表現で愛し続けた画家である中村清治。彼に動向は永遠に日本美術界にk語り継がれることでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ