中村研一

中村研一

中村研一

大正から昭和期に活躍した洋画家、中村研一。中村研一は10代の半ばごろから早くも本格的に絵画を始めています。東京美術学校西洋画科に入学後、より本格的に絵画を学ぶようになりました。若干24歳にして光風会展に出品したお茶の水の風景が入選を果たしています。さらに翌年には帝展にて、葡萄の葉蔭が入選、翌々年には同じく帝展にて特選の受賞を果たしています。若くからその才能を遺憾なく発揮していたという事が、これらの経歴からもよく解ります。戦時中には作戦記録画の作成する事になります。この間に残した戦争画は記録画としての価値はもちろんの事、絵画としても非常に優れたものです。中には戦闘機や軍艦による戦闘を記録した作品もあり、戦場の恐ろしさや無常感が高い画力と相まって、凄まじい迫力を見るものに与えます。これらの記録がは彼が望んで描いたものでないにしても、美術史に残る傑作である事は否定的ない事実です。記録画の1つである安南を憶うは、新文展で受賞もしております。想像ではなく、戦火を目の当たりにした中村研一だからこそ描けた絵画と言っても良いでしょう。戦後には自分の好きな絵を描く事が出来るようになり、風景画や人物画などの様々な傑作を残しました。中村研一はパリ留学の経験があります。この際に、デッサンを始めとした画力の向上させ、そして油彩画への深い理解を得るようになりました。モーリスアスランの影響も留学時に強く受けています。パリで得た一連の経験が、中村研一の絵画人生に大きな影響を与えている事は言うまでもありません。中村研一の作品は、ある意味非常に無機質とも言えるものです。もちろんそれは意図的にそうしているのです。感情などの内面的なものをキャンパスに表すことを拒否した彼の油彩画は、ストレートな説得力があります。写実性を徹底的に追求する事により、モチーフをこれ以上ないというリアリティと説得力をもって描くことに成功しているのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ