【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

五味悌四郎

五味悌四郎

シュールレアリスムを思わせる写実的な筆遣いに、陰影を巧みに使う功名な筆遣いで秀作を生み出し続けた洋画家が、五味悌四郎です。海外に渡り、洋画の研究を続け、その独特な世界観は日本の洋画界に革命をもたらすほどの、大きな功績をあげていきました。そんな五味悌四郎は、1918年に東京都に生まれます。幼少の頃より絵画に魅せられていた五味悌四郎は、様々な作品を見ては洋画を研究し続けて行きます。そして、本格的に洋画を学ぶために、東京美術大学への入学を決意。見事、合格を果たし洋画における研究と研鑽を積み上げて行きます。そして、様々な経歴を経て、1945年には第一回日展より特選候補までの腕前となっていきます。さらに、中心的に活躍をすることとなる一水会出品には、1947年に出品を始めます。名誉ある展覧会への出品を機に、より洋画の研鑽をしていくために、1964年には渡欧を決意します。パリのグランショミエールにて学び、本場のシュールレアリスムを掴みとります。そして、1965年に出品した、ボザール展では入選を果たす事になるのです。フランスのル・サロン展にて銀賞と銅賞を受賞し、日本のみならず海外においても、高い評価を獲得することとなります。帰国後の1968年には、ついに一水会で優勝を飾ります。この実力と貢献を買われ、1984年には一水会の委員に推挙されます。しかし、より自由な作品を生み出し続ける道を選んだ五味悌四郎は、1986年に一水会を大会し、無所属として活動を始めることとなります。静止画においては、その研ぎすまされた写実力を発揮し、日本におけるシュールレアリスムの最高峰とも言える作品を生み出し続けていきます。 さらには、無所属となったことで、個展なども積極的に開催し高い評価を獲得しつづけていきます。五味悌四郎自体、そこまで広く知られている画家ではありませんが、日本における静止画の巨匠とも言われるほどの大人物でした。五味悌四郎こそ、日本洋画界に欠かすことのできない、重要人物の1人だったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談