【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

児玉幸雄(こだまゆきお)

児玉幸雄

児玉幸雄は、第1次世界対戦中に生まれ、戦後から21世紀直前に亡くなるまで活躍した画家です。 その時代の若者の御多分に漏れず、20代の最後の7年間は兵役に服していました。 しかし、彼の作品からは深みは感じられるものの、暗さや闇は感じられないのではないでしょうか。

児玉幸雄の作品は落ち着いた温かい作風

児玉幸雄の絵画作品は、パリなどのヨーロッパの街角を描いた風景画が多くを占めます。明るいといっても軽薄ではなく、落ち着いた温かい作風です。全体的に淡い色彩でまとめられたほんわりしたものや、赤などの差し色が効いた小気味の良いものがあります。美大に進んだ訳ではないけれど、若い頃から絵を描いていただけあって、デッサンがしっかりしています。作品によって少しずつ雰囲気は異なりますが、確かなデッサン力と素晴らしい構図が、作品全体に安定感を与えています。あくまで建物が主役で、人物はあまり描かれていないものもあるのですが、その風景には静かな活気が感じられます。そして、その風景が描かれた時間帯や季節が感じられます。雪が降った朝や秋の夕暮れ、朝市やカフェの昼下がり。彼がその街を愛していて、街によくなじんでいたことが伝わってきます。遠くからヨーロッパに憧憬の念を抱くのみではなく、実際に地に足を付け自分の中で消化した児玉ならではの作品です。

眺めるだけで幸せになれる風景画

落ち着いた色調なので、家の中の目立つ場所に飾っても、主張しすぎるということはありません。 どんなタイプの部屋でも、例えば和室であっても、しっくりきそうです。 特にヨーロッパ好きの方であれば、自分の好みの絵を見つけたら、きっと家に飾りたくなるでしょう。ぼんやり眺めるだけで幸せになれる・・・そんな風景画なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談