刀剣類買取 薙刀

刀剣類買取 薙刀

平安時代に登場した、日本の刀類、薙刀。長い柄の先に反った刀身が特徴の形状でもあり、生まれた当初は長刀などとも呼ばれていた、とわれています。この刀に打刀といった様式があらわれると、長刀と短刀を区別するための規定が必要となっていきます。そのために、この薙刀という名前がついたとされています。 薙刀の特徴としては、刀をシンプルに長くしただけではなく、刀身及び、柄などの形状で攻撃力を重視した作りとなっているのが、特徴とされています。また、欧米に関しては、ヨーロッパの長柄葺きのグレイブ、ハルバードなどに分類されているとされています。刀身の部分が日本刀になっているのが薙刀で、欧米から見てもとても日本的な作りであることは間違いありません。

正式に生まれた時期ははっきりしていない薙刀

そんな薙刀なのですが、歴史を見ると正式に生まれた時期ははっきりしていない、といわれています。奈良時代後期から鎌倉時代にかけて、長い武器でもある手鉾が誕生しており、こちらを改良したものが薙刀となって親しまれたともされています。寺院の守護をするための僧兵の武器としても薙刀は登場しており、その僧兵たちが使ったいたことからも、これが武器として認められた、という説などさまざまなものがあります。薙刀がもっとも使われていた、という時期は源平時代といわれており、槍や鉾などが発展する前には重宝された武器であったことでも知られています。 さらには、振り回す、というかたちで薙刀を使用する際はとても不便ということになっており、戦国時代に鉄砲などが伝来すると、薙刀自体はより衰退していってしまうことになります。その後は、僧侶であったり女性が使用する武器となっていき、江戸時代には古武道で使う武器となってきます。ただ、明治時代には薙刀が撃剣興行として非常に人気となっており、現在でも武道のなぎなたの道具として非常に人気があります。刀剣類買取に関しても、薙刀はとても人気です。ぜひ、チェックしてみましょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ