前田寛治

前田寛治

前田寛治

前田寛治(まえた かんじ)は大正末期から昭和にかけて活躍した洋画家で、独特の画法「前寛ばり」で広く知られています。前田の芸術界に与えた影響は極めて大きく、33歳の若さで早逝したことから夭折の天才と呼ばれています。前田寛治は人物写実画を手がけることが多く、独自の写実理論を展開した写実の天才でした。古典的な構図でありながらも原色を用いた激しい色彩と強烈な筆致が特徴の前田の画風は「前寛ばり」と呼ばれ、当時の洋画家はもとより広く芸術家に強い印象を与えます。しかし、前田の洋画家としてのキャリアは実は10年余りと非常に短く、残されている作品の数も限られています。前田は1896年に鳥取県に生まれます。農家の次男坊でした。勤勉な性格で幼少時から学業に勤しみ、中学校卒業後、現在の京都大学である第三高等学校を受験します。しかし、惜しくも受験に失敗してしまいますが、失意をバネに画家を志し、1916年に現在の東京芸術大学である東京美術学校に入学。画家としての第一歩を歩み出します。卒業後はフランスに3年間滞在し、パリの美術学校でクールベの写実主義の研究に勤しみました。前田独自の写実主義に対する理論はこの頃に形になり始め、1926年にはパリで活躍する日本人画家である佐伯祐三、小島善太郎などを集め芸術クラブを結成。さらに、帰国後は名誉ある国内の美術コンクールである帝展での受賞を経て、1929年には帝展審査員に選抜されます。まさに破竹の勢いで美術界のスターダムを駆け上がった前田でしたが、1929年に病に倒れ、その翌年33歳の若さで夭折します。前田寛治の生誕の地である鳥取県倉吉市では絵画の公募展「前田寛治大賞展」が開催されています。前田は当時の芸術家に多大な影響を与えただけでなく、その写実主義に対する徹底して真摯な姿勢は現代でも決して色褪せず、見る者の心を動かします。前田寛治は現在でも数多くのファンを惹きつけて止まない画家の一人です。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ