【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

古書 伊達政宗

伊達政宗

安土桃山時代より江戸時代の前期に活躍した武将、骨董買取・伊達政宗。仙台藩藩祖として、数々の功績を残した人物として広く知られています。1567年に米沢城主輝宗の息子として生まれた伊達政宗は、幼少の頃に右目を失明しています。 後に、独眼竜と称されることとなります。普段より人脈の広かった伊達政宗は、楼門之内など決定などで数多くの人々に助けられています。そんなエピソードとしては、豊臣政権となる後、しばしば「御懇意ノ御方」と称される人々が登場しています。そして、政宗のために種々画策しているといった、様子が多く記されているのです。 また、血気盛んな熱血漢でも知られており、一歩謝れば伊達家存続の危機にも瀕してしまうほど行動振りだと言われていました。さらに、徳川家康との親密さも知られ織り、秀次事件の時分、秀吉への家康の助言が関係していると言われています。危機管理能力に優れており、伝統的な奥州探題などで信頼を築いていきます。 慶長5年には、仙台に現代の仙台城を開始しており、その3年後、岩出山城より移してきては、外様の雄藩・仙台藩の藩祖となっています。60万石の領地を抱える大名となっていきます。さらに、メキシコにスペイン、ローマ教皇などへ派遣され、奥州王として公益を画策。結果的には、失敗に終わってしまいましたが、国際的な一面も持ち合わせています。 「欲征南蛮時作此詩」とう詩の一説には、「欲征蛮国未成功図南鵬翼何時奮久待扶揺万里風」という読みがあり、終生藩主であった力強さが伺えます。様々な詩を残し、文化的な一面を持ち合わせてた伊達政宗ですが、実は料理が趣味ということも伝えられています。岩出山名物となった凍り豆腐と納豆は、伊達政宗の研究により開発されたものとされています。 「馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす事である」と、いう一説を「政宗公御名語集」にも記している程でした。古書買取においても、伊達政宗関連の品は非常に注目度が高いとされています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談