古書  千宗左

古書  千宗左

千宗左

千家の経済的基礎を築き上げた茶人、千宗左。千宗左は、江戸時代前期の茶人で、千利休から数えて千家四代目の家元です。千宗左は、紀州徳川家に仕え、茶頭として活躍し、千家の経済的な柱を築き上げました。後に、千宗旦から千家の家督を譲られ、三千家へと分立する千家の本家を不審庵としました。千宗左は、千宗旦の代で千利休以来続く千家の伝承が途絶えてしまうことを恐れ、養子であり、五代目宗左へ「江岑夏書」という茶書を残し、千家の伝承が後世に続いていくことを願っていました。千宗左が五代目宗左のために書いた「江岑夏書」は、上下の二冊の茶書です。その内容は、父である千宗旦から聞いた話を纏めたもので、茶器や作法、茶室など、千家が代々受け継いできた茶の湯を一つ書きで書き記されています。現代では、茶道の歴史を知るための史料として重宝されています。千宗左が「江岑夏書」という目に見える形で千家の作法や道具を書き記したことが、今日まで千家の伝承が伝わっている大きな要因であることは間違いないと思います。彼が恐れた伝承が途絶えてしまう、という危機は「江岑夏書」のおかげで回避出来、千利休から数百年に及ぶ長い時の中で、千家の茶の湯の伝承は守られてきたのです。千宗左は、千利休には及ばないものの、千家の発展に大きく貢献したことは疑いようがありません。千家のための経済的基礎を築き上げ、伝承を後世に伝えるための茶書を書き上げたことは、今の世に千家が残るための必須条件だったようにも感じました。確かに、千利休は織田信長、豊臣秀吉という天下人に使えたことで有名であり、その名を知らない人の方が少ないでしょう。しかし、千宗左が「江岑夏書」を書かなければ、千利休の名が後世に伝わっても、千家の茶の湯の心などは代を重ねる中で大きな変化をし、千宗左が残したかった千家の伝承は失われてしまったかもしれません。千宗左は、まさに千家の未来を見据えていた人物だと言えるでしょう。骨董買取・千宗左の古書はありませんか?

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ