古書 千鵬雲斎

古書 千鵬雲斎

千鵬雲斎

茶の心と世界平和を伝え続ける茶道家、骨董買取・千鵬雲斎。 千鵬雲斎は、茶道裏千家15代目前家元であり、現在では16代目に当たる長男の玄黙宗室に家元を継承しています。千鵬雲斎が掲げる茶道の理念は「一碗からピースフルネスを」という、茶道と世界平和という二つのものを合わせたものであり、彼は現在も茶道という一つの文化と世界平和を広める活動を続けています。千鵬雲斎は世界60ヶ国を実に300回以上も訪問し、自らの理念を伝え、最近ではテレビ出演をするなど、茶道の発展、世界平和実現への非常に前衛的な活動を続けています。 千鵬雲斎は茶道界で初めての文化勲章を授与された人物でもあります。これは、千鵬雲斎の茶道界発展、浸透に対する強い思いが成し遂げた茶道界の快挙と言えるでしょう。千鵬雲斎は、茶道の精神、心、あり方などを書き記した多くの本を執筆してきました。茶道と聞けば、誰もが上品で、少々近寄り難い印象を持つと思います。しかし、千鵬雲斎の考え方は、茶道を世界に浸透させていくというものです。それはつまり、今、彼と同じ日本に住んでいる現代の日本人に浸透させるということでもあるのです。千鵬雲斎の活動や著書は、私達が茶道に持つ、上品で、どこか近寄り難いイメージを払拭し、自ら手を引いて茶道の世界へと導いてくれます。現代での茶道のあり方を考え続ける千鵬雲斎だったからこそ、文化勲章を得るに至ったのでしょう。 茶道界の今のあり方を考え続け、その発展と浸透、そして世界平和を人々に訴える活動を続ける茶道家、千鵬雲斎。彼の偉業は、文化勲章の中に収まるようなものではないと思います。茶道と世界平和を共に広め続ける千鵬雲斎は、茶道家として、また平和を訴える一人の人間として、これからも一つの文化の発展に貢献していくことでしょう。「一碗からピースフルネス」、その千鵬雲斎の理念であり、夢であるだろう言葉は、今も国内に止まらず、世界の人々の心に伝わり続けているのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ