古書 坂本龍馬

古書 坂本龍馬

坂本龍馬

江戸幕府に立ち向かい、そして新しい日本の未来を築き上げるために尽力したのが、骨董買取・坂本龍馬です。日本人の多くがその生き様に憧れる、後世に名を残す偉人として広く知られています。1835年に、土佐藩、坂本八兵直足の次男としてこの世に生を受けた坂本龍馬幼少の頃には、落ちこぼれなどと言われており、塾などでも出来の悪さに直ぐに退塾させられたなどのエピソードもあります。 しかし、剣道場に通い始めると、そこの「小栗流和兵法事目録」を伝授され、新しく世界を切り開きはじめます。江戸に出た坂本龍馬は、北辰一刀流千葉定吉に入門し、剣術の腕に研鑽を積んで行きます。そして、1862年には、沢村惣之丞とともに脱藩をする事を決意。結果、桶町の千葉道場に身を寄せ、軍艦奉行並勝海舟の暗殺を企みます。 しかし、軍艦奉行並勝海舟との話し合いで感銘を受けた坂本龍馬は、門下生となり、今後の人生を大きく変化させていきます。様々な活動を続けた後の、1866年。薩摩藩城代家老小松帯刀邸にて薩長同盟の話合いが行われます。しかし、話は破談しますが、その後に、坂本龍馬は西郷隆盛の元へ直談判。再度会談が持ちかけられ、西郷から同盟の話となり、薩長同盟が成立することになりました。 そして、坂本龍馬と土佐藩参政後藤象二郎などとの会談が行われ、亀山社中は海援隊となって生まれ変わることとなります。そして、大政奉還実現に向けた動きに拍車をかけるために、軍事同盟である薩土盟約が成立。坂本龍馬達の新しい日本への改革が日々進行していったのです。 しかし、1867年、三条大橋乱闘事件により、新選組に捕まってしまった、元土佐勤王党の宮川助五郎の身柄処置の事で、 河原町土佐藩邸に福岡藤次を尋ねますが不在。結果、京都の近江屋へ身を寄せます。そこで、島田庄作が抜刀し、襲撃された後、龍馬は死亡します。龍馬33回目の誕生日だったと言います。 坂本龍馬の残した書など、古書買取でも非常に貴重な品となり、高価買取となります。日本という国を新しく生まれ変わらせようと奔走した、日本を代表する革命者、坂本龍馬。彼の功績は、これから先も語り継がれていくことでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ