古書 月岡芳年

月岡芳年

歴史絵や美人画、風俗画に古典画、役者絵など様々な画業をこなした画家が、骨董買取・月岡芳年です。没落していく浮世絵の世界を救い成功した事でも知られており、最後の浮世絵絵師としても有名な人物です。そんな、月岡芳年は1839年に江戸新橋南大阪町に生まれます。商家であった吉岡兵部の次男で、本名は米次郎と言います。そして、後に月岡家・月岡雪斎の養子となっています。月岡芳年の経歴には諸説があり、結果的に四条派の絵師に付いていながら、売れないことを見込み、その後に歌川国芳に入門しているとも伝えられています。12歳の頃に歌川国芳に入門をする月岡芳年は、武者絵に役者絵などを多く手掛けることとなります。15歳の頃には、画本実語教童子教余師に吉岡芳年の号で、始めて挿絵を描いていることも知られています。さらに、若くして高い評価を得ているのが、1866年から1867年にかけて作った「英名二十八衆句」。こちらは、兄弟子の落合芳幾との競作でありながら、その血なまぐさい迫力ある画風で大きな話題となります。その後、様々な作品を手掛けていく月岡芳年だったのですが、1870年には神経衰弱に陥っていき、作品を生み出すペースも非常に遅くなります。そして、その2年後には自信作として制作を続けていた「一魁随筆」の人気が良くないことに心を痛め、より郷土の神経衰弱に陥っていってしまったのです。しかし、1873年にその状況から立ち直ることとなり、号を大蘇芳年に変更。洋画、菊池容斎などの画を研究し続け、より研鑽を磨く日々を送って行きました。そして、ついに大作である、6枚つながり錦絵「桜田門外於井伊大老襲撃」を発表し、画家としての新しい出発を成し遂げます。その後、様々な作品を世に送り出し、浮世絵師部門での筆頭として活躍を続けることになります。弟子達にも恵まれながらも、「新形三十六怪撰」の制作途中で不運が続き、1892年に仮住まいにて脳充血してしまいました。無惨絵や美人画、歴史絵など数々の美しい作品を残し続けていった月岡芳年。彼の功績は広く、そして日本美術界に大きな影響を与え続けて行くことでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ