古書 正岡子規

古書 正岡子規

正岡子規

俳人であり歌人、そして国学研究家でもあった日本を代表する人物、骨董買取・正岡子規。俳句や単価はもとより、新体詩であったり、評論に随筆など、他分野でその才能を発揮していました。1867年に、伊予国温泉郡藤原新町に生まれた正岡子規。幼くして父が没したことも関係し、家督を早く相続することとなります。 そして、外祖父・観山の私塾に通っては漢詩などを熱心に学び、翌年には小学校に入学をしています。漢詩や戯作に軍談、書画など、さまざまなものを友人たちと作り、回覧雑誌に試作会なども開きます。さらに、自由民権運動の影響も強く、当時は政談にも没頭していたというエピソードも残されています。共立学校に入学したのちは、東大予備門に入学を果たし、帝国大学哲学科に進学。 しかし、文学に強い興味を抱いていたこともあり、国文科に転科しています。そして、この頃より子規の名を使い始めたと言われています。1893年より「獺祭書屋俳話」を連載しはじめ、俳句の革新運動を開始し始めます。日清戦争が始ると、従軍記者として遼東半島に渡っています。 しかし、第2軍兵站部軍医部長の森林太郎に挨拶を交わし、帰国しています。喀血に陥り重病となりますが、入院をした後に地元松山へと戻ります。そして俳句雑誌「ホトトギス」を創刊。俳句の研究を深く続け、俳句の世界に大きく貢献をしていきます。古今集を否定し万葉集を高く評価、和歌などを非難して新しい新体詩などの発表にも努めました。病いに臥せながらも発表された「病牀六尺」には、暗い影などはほぼなく、力強い精神性を写生した秀作として現在でも詠み続けられています。 さらに、こよなく野球を愛していたこともあり、逸話もいくつか残っています。野球の英語の呼び名などを全て日本語に直したのは、正岡子規だということが分かっているようです。古書買取でも、正岡子規の作品は非常に人気です。数えきれないほどの仕事をこなし、高い知性と強い精神力で多くの人々に支持され続けた正岡子規。より美しい作品を生み出し続けるための研究は、今の文化人も習うべきところが多いことでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ