【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

古書 武田信玄

武田信玄

戦国時代を代表する武将であり、甲斐の守護大名・戦国大名であった骨董買取・武田信玄。甲斐源氏武田家第18代である武田信虎の嫡男にあたり、甲斐本国はもちろん信濃に駿河、西上野さらには遠江、三河と美濃の一部を領した大名です。 1536年には元服しており、室町幕府の第12代将軍・足利義晴から「晴」の名を取り、「晴信」に改めます。1541年には、甲府へ帰陣し、晴信や重臣の板垣信方に甘利虎泰、飯富虎昌ら達が信虎の駿河に追放します。そこで、結果的に、晴信が武田家の第19代目の家督を相続することとなりました。 その後、信濃国の平定が行われいます。小田井原の戦いでは武田軍に笠原連合軍に大勝しており、信玄法と呼ばれている甲州法度之次第を制定することになります。そして、1553年に東信自体も、武田家の支配下に入ることとなり、北信を除き信濃を平定することになったのです。さらに、武田信玄と言えば川中島の戦いも有名でしょう。さらに、外交方針の転換を迎える頃には、今川や北条との戦いも始ります。 その後も、甲相同盟の回復に尽力を尽くしたり、西上作戦を実行したりと、戦国時代に活躍を続けます。数々の伝説を残す武田信玄ですが、その人物像は意外なものでした。文書を多く残していたことでも知られる武田信玄ですが、花押によるもので約600点にも昇るとのことです。 さらに、印判を採用しているものが、およそ750点残されていることも分かっています。さらには、署判不詳が100点、家臣が関与したと言われているのが50点の約1500点にもなります。しかも、私的な文章などでは無く、全て公的なものであったことから、武田氏自身の教育的なことなどは、未だ不明点が多いとされています。 また、武田信玄は京より、様々な公家を招いては詩歌会・連歌会などを行っていたようです。自身の作品も多くあり、為和集、心珠詠藻、甲信紀行の歌などで優れた作品と称されているほどです。古書買取でも、武田信玄にまつわるものは高価な価格となります。一時代を築いた大武将、武田信玄。書など、文化人としての一面も高く評価されているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談