古書 池大雅

池大雅

幼くして優れた才能を開花させた男、池大雅。池大雅は幼くして神童と称されるほどの書の才能の持ち主でありました。幼い頃に父を亡くした池大雅は、苦しい生活の中で書に触れ、7歳で中国の書風である唐様を学び始めました。幼い池大雅は、唐様の書を学んで間もない頃にその才能で周囲を驚かせていました。彼の才能を目の当たりにした文人画家、柳里恭よって、池大雅は後の文人画の大成者となる一歩を踏み出したのです。池大雅は正に歩く文人画家と呼ぶに相応しい人でした。門人がの方法論である「万巻の書を読み、万里の路を行く」という教えを忠実に実行し、旅、登山など、各地の風景を見て回ることを好みました。歩く文人画家という池大雅の生き方は、多様な作品群にも反映されていたに違いありません。池大雅の代表作に「楼閣山水図」があります。池大雅は実際に中国を訪れその風景を見たことはなかったようですが、彼は深く中国に憧れを抱き、「張環翁祝寿画冊」を原図として、この作品を描きました。この作品は、実際に訪れたことのない中国への想いを感じることが出来ます。多くの旅や登山を経験した池大雅が描いた「楼閣山水図」は、己の手で中国の風景を描いてみせる、というような情熱さえ感じます。多くの風景を見た池大雅の目には、白の紙の上に、自らが思い描く中国の風景を投影しようとしたのではないでしょうか。池大雅は己が強く惹かれていた中国の絵画だけでなく、日本や、さらに西洋の絵画の表現法を取り入れ、幼い頃から神童と呼ばれたその才能で文人画家としての独自の世界を確立していきました。池大雅が文人画家として大成することが出来たのは、筆を操る才能だけでなく、様々な風景を見聞し、既存の文人画の常識のみに陶酔するのではなく、柔軟に様々な方面の絵画の構成、技術を取り入れたことがあったからではないでしょうか。各地を旅し、山を昇り、その瞳に多くの景色を映した池大雅。彼の書に深く関わる人生は、書を学ぶ前に文字の意味を気にせず眺め続ける素読から始まりました。彼は幼い頃から「見る」という行為の重要性を理解していたのかもしれません。その「見る」という行為が、見たこともない風景を紙の上に浮かび上がらせる確かな技術に繋がっていったのでしょう。骨董買取・池大雅の古書は眠っていませんか?

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ