古書 谷川徹三

古書 谷川徹三

谷川徹三

哲学者であり、あの詩人谷川俊太郎の父親である骨董買取・谷川徹三。その高い芸術活動などを讃えられ、日本芸術院会員、常滑市名誉市民など名誉ある賞を受賞する大人物として知られています。ジンメル、カントの翻訳だけでなく、文芸や美術、宗教、思想などの評論を展開しており、現在の日本美術において多くの功績を残し続けました。 そんな、谷川徹三は1895年に愛知県知多郡常滑町に生まれています。第一高等学校に入学しており、在学中の頃には、真宗大谷派僧侶である近角常観が主宰する求道学舎に寄宿して学生生活を送っています。 その後には、京都帝国大学哲学科へ入学師事しており、1922年に同行を卒業。同志社大学講師などに迎え入れられ、そういった経緯で1928年には法政大学文学部哲学科教授となります。能楽研究所などで所長をするなど幅広く活躍。そして、1963年には、法政大学総長という名誉な地位を手に入れ幅広い評論活動を続けました。 「改造」や「思想」など論文雑誌などでも活躍をし続けたこともあり、「心」編集代理委員までも努めるほどだったといいます。さて、谷川徹三といえば宮沢賢治の研究家としても非常に高名です。「雨ニモマケズ」を非常に高く評価しており、結果的に世論や他の評論家達と戦う「雨ニモマケズ」論争などを引き起こし話題となった。 そして、茶道においても精神性を追求、研究し続けており、結果的には1960年に法政大学文学博士となると共に、「茶の美学序説 芸術としての茶の構造」を説くことになったのです。谷川徹三の著書は、非常に多く読書について、文芸小論集、ヒューマニズム、第四次元の芸術 宮沢賢治第三論、平和の哲学 世界連邦政府運動のためになど様々なものがあります。 さらには、相撲に関したものや、芸術性を比較したものなど、とにかく広い分野で評論を繰り返していきました。古書買取に関しても、谷川徹三の作品には多くの需要があります。日本を代表する評論家として活躍を続けた谷川徹三。存在こそ、美術であり芸術的だったのでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ