【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

古書買取 渡辺崋山

渡辺崋山

田原藩家老でありながら、数々の名作を残す画家としての顔を持っていたのが、渡辺崋山です。幕末という、日本の歴史の中でも大きく世界が揺れ動いた世界に生きており、その数奇な人生を多くの人々のため、そして自らの芸術に注いでいた、日本文化に高く功績を残した人物なのです。渡辺崋山は、蘭学者としても知られており、高い知識力を発揮して田原藩を支えていきます。

顔の広い人物だった渡辺崋山

文学者としての顔も持つ事から、まさに交友関係も広く、当時の日本を代表する政治家達や文学者、さらには文化人と、本当に顔の広い人物だったという事でも知られているのです。さて、そんな渡辺崋山なのですが、日本画の名手として今でも多くの人々の心を捉えています。「渡辺巴洲像画稿」は、渡辺崋山の父親を描いた作品なのですが、細い線で描かれており、とても優しく凛とした強さを感じる事ができます。じっくりと時間をかけて描いた、というよりは、走り書きという雰囲気を見せるこの作品。

父への思いを涙を流しながら絵として綴った

何と、60歳で他界してしまった父への思いを涙を流しながら絵として綴ったとされています。人物画にも定評のある、渡辺崋山なのですが、草木などを描く繊細な筆遣いなどにもとても高い評価が集まっています。そのうちのひとつなのですが、「芝仙祝寿図」もそうです。41歳の頃に描いた作品と言われていますが、水仙を気韻が深厚であることに感銘を受け、筆を走らせたそうです。 忠実に水仙の葉や花が描かれる、その描写力と共に、その趣のある風景を切り取る、構図力も優れたものを感じさせます。そして「雛祭図」は、ひな祭りのお内裏様を描く作品ですが、渡辺崋山がこういった愛らしい作品を描いた事からも、とても心優しい人物だったという事が見て取れます。白酒の瓶と桃の花から内裏びなの遠近感なども見事であり、やはりどこか造形力の高さには圧倒されるものがあります。今後、古書買取・渡辺崋山の作品は数多くの場所で有名となり、評価されていくのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談