古書 吉井勇

古書 吉井勇

吉井勇

大正から昭和にかけて活躍した吉井勇。骨董買取・吉井勇は大正から昭和初期に活躍した歌人ですが、脚本家としても名の知られていた人です。 明治の後期に初めて出版した著書が酒ほかひを発行し、その後は毎年のように著書を出版して地位を築き上げていきました。他にも多くの有名な歌人や脚本家とも親しく、初めての著書である酒ほかひを出版する2年前には、北原白秋らと共にパンの会を結成しています。 その翌年にも森鴎外や石川啄木らと共に、編集を交代で担当していました。この時点ですでに吉井勇は脚本家として名前が売れるようになり、世の中からも注目されるようになります。大正に入ると祇園歌集を刊行するようになり、歌人としてもその名前が世の中に知れ渡るようになりました。その後は土佐、現在の高知県で隠居生活を送るといった厳しい生活を経て京都へ移り住む事になります。京都に移った事によって、作品の内容にも変化が見られるようになり、晩年には昭和天皇に謁見をしています。そんな吉井勇の代表作と言えば、逢状や黒足袋といった作品が現在でもよく知られていますが、やはり酒と愛欲などについて書かれ、当時の青年たちから絶大な人気を誇っていたという吉井勇の原点でもある酒ほかひでしょう。他にもたくさんの人気作品を世に送り出した構成が認められ、伯爵という爵位まで授かっています。吉井勇の作品は、明治後期から昭和初期に書かれた物ですが、ロマンチストである事が読み取れる作品が多いとして、昔から現在までも吉井勇の作品を読んで感じている人が多くなっています。更に万葉集が後世に登場したと評価する人も多くなっており、興味引かれる作品として与謝野晶子と並び称されると称えている人もたくさんいます。愛欲などの作品が多い事や、多くの歌人などと講習していた事から、いかに人間関係が大事であるか、人との繋がりが大切な物であるかを知っていたからこそ、多くの人にその大切さを教えたい為の作品がたくさん世に出たのではないでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ