【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

古書 吉田松陰

吉田松陰

骨董買取・吉田松陰。言わずと知れた著名な幕末の学者です。明治維新の源流となった思想者でもあります。彼は幼少のころより松下村塾で兵学を学びます。兵学とは江戸時代、戦争がなくなったために実践経験が無くなった日本の軍隊(つまり、幕府やそれぞれの藩の武士)を統率し、訓練するために生まれた学問です。吉田松陰は山鹿流兵学を学ぶのですが、アヘン戦争で欧州の強さを知ると、西洋兵学に対して日本の兵学は出遅れていることを知り、九州へ遊学することになります。また、ペリー来航時に密航計画を企てるも失敗。投獄されてしまいます。鎖国されていた時代に海外留学や外国の学問に積極的な学者でした。出所後は幼少の頃に学んだ松下村塾を預かり、主宰者として高杉晋作、伊藤博文、山県有朋など、明治維新の指導者となる存在を教えることになります。しかし、幕府が日米修好通商条約を勅許なく結んだことを批判。幕府に対する反乱者として投獄されてしまいます。その後、斬首刑によって処刑されてしまうと言う人生だったのです。吉田松陰は30歳という若さで亡くなるまで、しかも大半が投獄されているという人生を考えると常識では考えられない執筆量を誇り、様々な著作を残しています。彼の思想は現在でも様々な作家や学者が考察を行っています。幕末の動乱期に先進的な思想と視野を持っていた彼はやはり特別な存在。当時の青年たちに与えた影響はもちろん、現代を生き抜くことにも通ずるものが多く、新たなファンを生み出し続けています。例えば「大器をつくるには、いそぐべからずこと」という名言があります。それは彼自身の行動にも表れていますが、時代の中で自分の功ばかりを考えて生きるのではなく、もっと大局的な味方をしていたと言えます。これが彼の育てた若者たちによる明治維新にもつながり、日本がアジアで唯一近代化に成功した理由なのです。時代を見据えて、本当に行動できる人物。それが吉田松陰という希有な存在でした。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談