古書 嘉納治五郎

古書 嘉納治五郎

嘉納治五郎

柔道を生み出した柔道家、骨董買取・嘉納治五郎。 嘉納治五郎は講道館柔道の創始者である人物です。その人生の中で多くのスポーツや教育の発展に貢献し、さらに日本のオリンピック参加に尽力をした人物でありました。まさに日本のスポーツというものの道を開いていった人物で、「日本の体育の父」と呼ばれています。また、教育者として日本の教育のために尽力し、東京高等師範学校と東京高等師範学校付属中学校の校長を務めました。欧米視察から日本へ帰国する途中、船の上でロシア人の士官に挑まれたという話があります。この時、嘉納治五郎はこのロシア人士官を投げ、講道館柔道の創始者として貫禄あるエピソードを作り上げました。嘉納治五郎は柔道だけでなく、幼い頃より書道に親しみ、書家としても有名でした。嘉納治五郎は自身が数多く書いた書を門弟に残したことでも有名です。その中で、最も多いのが「順道制勝」という言葉です。この言葉の意味は、「道に背いて得た勝利よりも、道に順じて得た敗北の方が何よりも価値がある」というもので、嘉納治五郎のスポーツマンとしての精神が窺い知れます。他にも、嘉納治五郎は「力必達」や「尽力」などといった、力強い言葉を門弟に残しています。書家としての道も究めた柔道家らしい言葉の多くは、嘉納治五郎の確固たる強い精神を思わせ、門弟達にも深く心に響いたことと思います。門弟に残した書の和は多く、嘉納治五郎がどれだけ自分を慕う門弟達のことを考えていたかが感じられます。日本のスポーツ、教育の発展に大きく貢献した柔道家、嘉納治五郎。彼は、日本のオリンピック初参加という偉業や、教育分野、スポーツを愛し、それの発展に尽力しました。たった一人の人間が、この日本のために成し遂げたことは、現代の日本の発展にも大きく影響しているのだと感じます。それを成し遂げられたのは、嘉納治五郎が残した書からも感じられるように、強い精神力を持った日本男子だったからであると深く感じました。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ