古書 夏目漱石

古書 夏目漱石

夏目漱石

日本文学における代表的な作家である骨董買取・夏目漱石。中学・高校の国語の教科書などで誰もが一度は彼の作品に目を通したことはあるでしょう。帝国大学を卒業後、英語研究を目的にロンドンへ留学していた漱石は精神を病み帰国しました。その後東京帝大の英文学講師をしながら執筆した「吾輩は猫である」で一躍文壇へと登場します。ロンドンでの苦悩からか、漱石の作品は当時主流であった「自然派」に対し「余裕派」と呼ばれ、世俗から離れ人生をゆったりと過ごそうという要素の強いものとなっています。その後講師を辞め朝日新聞社に入社し、本格的に職業作家として生きて行きます。1916年に没するまで日本文学の名作として語り継がれる作品をいくつも執筆しました。作品に多大な影響を与えた要因として、第一高等中学校本科の英文学専攻時代の同窓生である俳人・正岡子規との深い交流が挙げられます。しばしば作品内に見られる当て字、造語などのユーモラスな言葉遊びはこの交流によるインスピレーションを受けた影響だとも言われています。英文学講師時代に執筆された「吾輩は猫である」「坊ちゃん」で時代の脚光を集め、「余裕派」と評された漱石の作品は、朝日新聞社入社に入社し職業作家となりますますその鋭さを増して行きます。晩年に執筆された「こころ」「道草」などでは人間のエゴイズムや愛、近代知識人の内面と孤独感が描かれており、他の作家とは一線を画した漱石の視点やセンスを如実に著わしています。 また、漱石は作家になって以降没するまで胃潰瘍・精神疾患・糖尿病など様々な病に悩まされ続けました。その様な病状が彼の持つ独特の視点や作風を形成する一因となったのかもしれません。彼の作品は誰しもに待つ「死」の解釈を見直させてくれる力があるように感じます。当時の日本の中で高いレベルの知識を身に付け、非常にインテリジェンスで新しい視点の作品を発表してきた夏目漱石。その知識人であるが故の行き場のない孤独感、喪失感などを慰めるため彼はこの世に作品を生み出してきたのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ