【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

奥谷博

奥谷博 画家と鴉

 奥谷博は高知県生まれの日本の洋画家です。フレスコ画で会得した技術を用いた薄塗りの技法で描かれた具象画が齎す作品は数多くの人々を魅了します。また、その鮮やかな色使いに見られる、奥谷の色彩センスも各方面から高い評価を得ています。
 奥谷博が活躍している時代は、抽象画がもてはやされ、具象画を描く画家は少なかったようです。しかし、その風潮に反して奥谷は具象化を書き続けます。「その土地の思いがいつも作品に宿るようにおもう」と常に語っていた奥谷の作品は、芯を捉えたリアリティ溢れた仕上がりを見せ、妥協を許さないその制作態度は彼自身の真面目さも伺い知ることができます。そんな奥谷博の代表的な作品として「詩海」は外すことはできません。海岸の岩場に並べられた様々な魚介と、それを獲ったと思われる漁師風の男が描かれたこの作品は、対象となる男と魚介の構図バランスの良さが秀逸です。グリーンとブルーで囲まれた色彩の中に褐色系で、大きく描かれた魚介が、海の恵みを強く感じさせると共に、どこか不気味さ無機質さも感じさせ、絵の前に立った瞬間、陶酔して動けなくなる感覚を呼び起こします。
 1974年に発表されている「貴江七歳像」は赤で一面が染まった中に少女が佇む、どこか悲観的で慈愛に満ちた作品ですが、その色彩の美しさに心が奪われます。上京し、芸大入学後、フランスへ留学している奥谷博は大きな転換を迎えており、その絵画技術が大きく飛躍していることがこの絵画を見れば分かるのではないでしょうか。様々な経験を全て、自分の感覚に落とし込み、ナイーブで繊細な感性を意のままにキャンパスで表現する大家になりました。1996年に日本芸術学院賞、2007年に文化功労賞を受賞するなど名実ともに日本を代表する芸術家となった奥谷博。彼の信条である「描くことは生きること」は、未だなお多くの芸術家の心の支えになっています。死ではく生を描き続ける奥谷博の作品は、まさに日本の宝なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談