宮本三郎

宮本三郎

宮本三郎は1905年に石川県に生まれた日本を代表する洋画家です。画家を目指して上京した後、川端画学校洋画部で藤島武二に師事しています。数々の作品を残し、69歳までの生涯現役で画家人生を貫いて生きました。宮本三郎に特徴はその作風の移り変わりの多さにあります。まず、従軍画家としてリアリズムな作品を描かなくていけない状況の時代であれば「山下、パーシバル両司令官会見図」などの名作を残しています。はたや、荒々しいフォービスム的な作品を描いていたりと、本当にマルチな画風を持った天才画家といえるのです。そして宮本三郎を語るのであれば、その類い稀なるデッサン力にあるのではないでしょうか。その実力と力量はなんといっても、そのデッサン力にあります。あのデッサンの神、と呼ばれていた安井曽太郎でさえも一目置いていた程であったといいます。風景画であったり、動物などを描く作品も数多く描いた宮本三郎ですが人物、特に裸婦を描くことに没頭していきます。人間との対決は絵画でも永遠なこと、と語る宮本三郎は心血を注ぎ、自らの生涯に人間を描き続ける道を選択しているのです。そんな宮本三郎の作品で素晴らしい評価を得ている作品が「レ・トロワ・グラース」です。3人の裸婦が木々の中に近づきあった美しく、写実性に富んだ作品です。やはり、そのデッサン力で型どられたラインが艶めかしい婦人たちの体を映し出しています。さらに、その陰影の使い方が虚ろな空間をを表現し、さらにはその世界観を強く表現されています。自らの作品をストイックに描き続けるだけでなく、教育という観点からも日本の美術界に貢献してます。東京教育大学の非常勤講師や金沢美術工芸大学の名誉教授など、数々の功績を残しているのです。また、雑誌の挿絵や新聞小説の挿絵などマルチな活動を繰り広げていたことでも有名です。日本の美術界にとり、重要な役割を果たした宮本三郎。彼の功績は後世に永遠に語り継がれるのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ