寺内萬治郎

寺内萬治郎 緑衣の婦人像

寺内萬治郎は大阪生まれの洋画家です。天彩画塾や白馬会洋画研究所などを経た後に1916年、東京美術学校西洋画科を卒業します。その後に、日本の洋画会きっての大家、黒田清輝に師事し数多くの作品を描き続けます。寺内萬治郎の描く作品は裸婦画が中心となり、時に激しく、時にはかなく、女性の持つ様々な表情を独特の目線とタッチで描くことで有名です。また、絵本なども手がけたことでも知られ幅広い美術活動を行っていた人物であったのです。さて、そんな寺内萬治郎の描く裸婦ですが基本的に東洋の女性達が中心に描かれています。そのため、関係者などの間では「東洋の裸婦を描かせたら寺内萬治郎の右に出るものはいない」とまで言わしめるまでになっているのです。この評価を得るためには途方もないデッサン努力や、芸術に対する強い気持ちが必要だったのではないでしょうか。寺内萬治郎の描く裸婦のモデルの表情は皆、虚ろな表情でありながらも全てを委ねて、幸せと慈愛に満ちた表情なのが何とも言えず不思議なところです。しかし、その淡くも幻想的なタッチと女体をより魅惑的に映し出す技術と色彩構図で描く寺内萬治郎はやはり天才という他ないバランスで描いているのです。どことなく、褐色系でまとめられた全体像も悲しみを隠すように火照った色艶めいた印象を与えてくれます。また、裸婦がでなく「緑衣の婦人像」という作品も残しています。机に肘を付き、何か物思いにふける女が描かれた作品なのですが、寺内萬治郎が描く作品は女性の心を丸裸にしてしまうほどの艶めいた褐色や風合いで描くため、不思議と衣類を身に纏う裸婦画のような、幻惑的な印象すら与えてくれるのも特徴です。数々の秀作を残す寺内萬治郎は美術界での評価も非常に高い事で知られます。日本芸術院賞をはじめ、日展の評議員に東京美術学校ではあ教鞭をふるうなど、美術界の育成と発展への貢献もしています。未だ、彼の展覧会や作品は多くの場所で展示・出品され初めて見る画家を目指すもの達への衝撃と影響力も強いのだそうです。日本の美術界きっての東洋裸婦画の大家、寺内萬治郎は本物の芸術家なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ