小堀流[七世]_小堀政方_宗友

小堀流[七世]_小堀政方_宗友

 七世政方は五世正峯の実子に当たります。兄たちが次々と夭逝したために健康に不安があるとされ、10歳を過ぎるまで嫡子と認められず、その後、短い期間代を守った六世正寿に替わって跡を継ぐことになりました。
 政方在世中の出来事に、ひとつは大名家としての小堀家の終焉があります。家督相続後、父同様伏見奉行職を務めますが、この時、藩財政が行き詰まり、御用金を不正に取り立てる不祥事が家内で起きる事態が発生してしまい、その責を負って伏見奉行職を罷免されました。この時、幕府の権勢を握っていたのは老中の田沼意次。政方は田沼派に属していたために罷免で済んでいましたが、田沼意次が失脚した2年後に、この時の不正を理由に改易となり、小田原藩預かりという身分になってしまいました。ここに武家としての小堀本家が断絶となります。
 改易されてなお政方は、小田原にても茶の道に邁進を続け、小田原藩茶頭、冨岡友喜と親交を深めます。時代は町人文化爛熟の時を迎え、茶の湯も、千家に見られるように町人向けに様式を大きく変えていこうとしていました。

利休来の古流を伝えるのは小堀流

 しかし、政方は冨岡友喜とともにこの時勢を茶の湯の乱れとして嘆き、古流の伝達に務めんとします。この時に編纂されたのが『喫茶式』『数寄記録』二冊の伝書でした。利休来の古流をもっともよく現在にまで伝えているのは、一説によると小堀流ともされていますが、それは、この文化が大きく動いた時代に、しっかりと遠州茶道をまとめ、次代に託さんとした政方のおかげだったのかもしれません。
 政方は預かりの身ではあったものの、小田原でも多くの作品、茶道具を残し、その多くが現在に伝えられています。断絶した小堀本家でしたが、後に六世を守った正寿の息子が小堀仁右衛門家から武家へと取り立てられ、旗本として小堀本家の再興を果たしています。最晩年、小田原藩から御免となり、その後は小堀の同族のもとに身を寄せていた政方は、残念ながら、その姿を見ることなくこの世を去りました。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ