小林萬吾

小林萬吾

明るく温和な外光描写を取入れた作品を描き、日本の洋画界に旋風巻き起こした画家が洋画買取 小林萬吾です。様々な国に留学をし、洋画の知識を深めていったその精神は、彼の多くの作品から伝わってきます。そんな小林萬吾は、1870年に香川県三豊郡詫間町に生まれます。幼少の頃より絵画を描くことが好きであった小林は、そ本格的に絵画を学ぶために、東京美術学校洋画科に入学をします。研鑽を同校で重ねてくだけでなく、技術を磨くために、国内の洋画壇一と言われていた黒田清輝に師事をします。数々の作品や美術哲学を学ぶ中、その実力を伸ばし続けていきます。そして、1903年には内国勧業博覧会三等賞を受賞するほどの腕前になっていたのです。そんな小林萬吾ですが、洋画に対する本格的な美術体験を求め、ドイツにフランス・イタリアなどに留学をします。そこでは、様々な洋画の美術様式と出会い、自らの作品への新しいエッセンスのひとつとして取り込んで行きます。そして、帰国後には、東京美術学校、東京高等師範学校教授を歴任します。教育者としても素晴らしい功績を挙げて行く小林でしたが、さらに帝展審査員に帝国美術院会員なども努めるなど、多忙な日々を送って行きます。香川県に生まれている小林萬吾ですが、非常に郷土愛が強く、桃林をモチーフとした作品では、郷土に対する愛情が滲みでいてるような作品を作り上げます。印象派のように明るく温和なタッチ、そして絶妙な光の加減を描き上げており、日本における洋画の新しく進むべき道を示唆しているような作品となります。さらに、一風変わって「渡舟」では、レアリスムの流れを汲む、より写実的な表現と緊迫した色彩と遠近法を使っています。どちらも、同じ人物の作品ですが、色が違い、才能の深さを思い知らされる作品であることは間違いありません。小林萬吾は、1944年に、正四位勲三等瑞宝章を受賞するなど高い功績も残します。洋画の世界において、非常に大きな挑戦を続けた小林萬吾。洋画界の変革は彼無しでは行われなかったに違いありません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ