【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

山下清(やましたきよし)
洋画家・山下清は東京市浅草区田中町(現東京都台東区日本堤)に生まれました。関東大震災によって、両親の郷里である新潟市に転居。3歳のとき、重い消化不良で生死の境をさまよって、一命はとりとめましたが、軽い言語障害、知的障害の後遺症を患ってしまう。 また、浅草に戻りましたが、父が昭和7年に他界。母は再婚したのですが、その義父は乱暴者でいじめられたら、刃物で怪我させろというような人で同級生に大怪我をさせたこともありました。母と子供3人は夫がいないあいだに逃げて、福祉施設へ転居。知的障害児施設に預けられ、「ちぎり絵細工」に目覚め、精神病理学者の式場隆三郎の目にとまって指導を受け、一層充実して、早稲田大学で小さな展覧会を行えるほどになりました。

18歳のときに放浪の旅へ。

1938年銀座の画廊で初の個展が開催され、1月には大阪でも開かれて、多くの人が彼の個展を見に出向きました。18歳のときに放浪の旅へ。これが14年間続きます。その理由は徴兵検査を受けることになっていたため、逃げたのだそうです。21歳のとき、彼が在籍していた八幡学園の職員から強制的に徴兵検査を受けさせられましたが、兵役免除となりました。 山下清と言えば、ランニングにリュックを背負った姿が有名ですが、あの格好は最後の2年ほどしていただけで、最初は茶箱、そして、風呂敷と変化していったのです。

優れた能力の持ち主

山下清は驚異的な記憶力で、絵を描くのは、その風景や人物を見ながらではなく、記憶にとどめて、家に帰ってから作品を作るというスタイルであったので「サヴァン症候群ではないか?」という説もあります。 このサヴァン症候群とは、知的障害のある人の中で、特定の分野に限り、並外れた能力を発揮する症状を指すのですが、山下清は、自分の見た風景や物を頭の中に映像のようにとどめて、実際見ているように描ける、優れた能力の持ち主だったのです。 日本のゴッホ、裸の大将と呼ばれた山下清の「諏訪大社」「ひまわり」の貼り絵を見ても、「カーネーション」の油絵を見ても、あったかい色調で童話の挿絵のようなどこか懐かしく、郷愁を呼ぶような作品ばかりです。 49歳で脳出血でなくなった彼は、どこの画壇にも属していなかったため、日本の画家の中では評価が低いのが何より惜しいことです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談