【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

岩田専太郎

岩田専太郎

岩田専太郎は、日本画家であり、美術考証家としても知られております。彼は、連載小説の挿絵を数多く手がけたことで有名です。岩田の作品は、雑誌や書籍の表紙に多く使われ、昭和時代が生んだ挿絵画家の第一人者とまで呼ばれるようになりました。彼は、挿絵文化の先駆者と言われ、デビューから突然の死を迎えるまでの50有余年の間に、実に60,000枚もの挿絵を描いたと言われております。その間、常に挿絵画壇のトップという存在に君臨し続けながら、挿絵によって数多くの人々の想像力を刺激し、新たな角度から作品に命を吹き込んだことで知られております。昭和時代の大衆を魅了した彼の作品の中には、現代人でも深い感銘を受ける斬新な発想力や構図を見出すことが可能です。時代に左右されることのない作品群なのです。そういった意味では、彼の持っていたエネルギーは、今でも生き続けていると考えることが出来るでしょう。彼は、1901年(明治34)、東京で生まれました。旧制尋常小学校を卒業後、菊池契月、伊東深水に師事しました。日本画家としてのキャリアはここから始まります。東京都文京区では、金土日館という、金・土・日曜日だけ開かれている美術館が開館しました。そちらの美術館では、専太郎の画業や日本画を多くの人々に知ってもらうことを目指しております。 同館は、谷根千と呼ばれる人気の高いエリアにあり、周辺には、根津神社や東京大学、そして森鴎外や夏目漱石など、数々の文豪たちが名作を発表した舞台があります。また、この館は、平成21年10月から、文京区・文の京ミュージアムネットワークの一員としても活動しております。文化と歴史を感じることの出来る文京の地を訪れた際には、ぜひ一度立ち寄ってみられていは如何でしょうか?彼の壮絶な画業の軌跡をたどった書籍などは、わずかですが現存しています。また、岩田の描いた挿絵やデッサン、ポスターなどが収められた画集では、現代美人画を中心とした数多くの魅力的な作品を見ることが出来ます。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談