古書 島崎藤村

古書 島崎藤村

島崎藤村

骨董買取・島崎藤村は明治から昭和にかけて活躍した日本の詩人・小説家です。詩人としてはロマン主義詩人として名を馳せ後の詩人に多大なる影響を与える一方で、作家としては近代日本を代表する自然作家となりました。藤村は明治学院普通部本時代にはキリスト教の洗礼を受け、西洋文学や松尾芭蕉などの古典書物を読み漁るなど、若い頃から文学への興味を示していました。明治学院普通部本科第一期卒業生として校歌を作詞したというエピソードも残っています。卒業後は教師として働く傍ら雑誌「文学界」に参加し、劇詩や随筆を同人として発表していましたが、1896年に第一詩集である「若菜集」を発表し一躍文壇へと登場します。その後も3つの詩集を発表し、明治のロマン主義詩人の先駆けとして高い評価を得ますが、それ以降詩作からは離れて行くことになります。再びの教師生活を経て「破戒」を発表し、続く「春」とともに文壇からの高い評価を得て自然主義作家としての名声を轟かせます。近代作家としても地位を確立した藤村は、晩年に近代文学の代表作ともいえる大作「夜明け前」を発表しました。彼の作品にはしばしば「親譲りの憂鬱」(作品上で使われている表現)をナイーブに著わしていると言われています。というもの藤村は、父親と姉が発狂の末死亡したり、自身の兄が母親の間違いで生まれた子供だと知ったり、父と妹が関係を持っていたことを明かされたり、自身も姪と不倫事件を起こしたりという経験をしており、自身に流れる「呪われた血」を怖れていたのです。実際に「夜明け前」は父をモデルとした作品であり、姪との不倫を告白した「新生」という作品も発表されています。自身の血に苦しむ複雑な想いを作品として昇華したものこそ島崎藤村の作品なのです。ロマン詩人・自然作家の両面で高い地位を築いた島崎藤村。それと同じように彼の人間性もまた、呪われた血を引きそれに恐怖する一面と、彼の最後の言葉「涼しい風だね」に表されるようなロマンとセンスに溢れたそれの両面を持っていたのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ