工芸品買取 ゲルト・クナッパー

工芸品買取 ゲルト・クナッパー

ゲルト・クナッパー 日本陶芸界に革命を起こし、世界中の人々にも衝撃を与えている外国人陶芸家がゲルト・クナッパーです。数々の伝統文化などを混ぜ合せ、東西の陶芸の文化を混ぜ合せた希少な陶芸家の一人として知られています。さて、そんなゲルト・クナッパーなのですが、日本に住んで40年以上となる有名な陶芸家として知られています。 加藤唐九郎などとの親交があり、瀬戸焼の鈴木清々に師事をして陶芸の基礎を身に着けています。そして、現在では芸術的な、日本人では思いもつかないような、そんな芸術的な作品を多く手掛けているのです。さて、そんなゲルト・クナッパーなのですが、ドイツ、ブッパタール市に生まれます。ニューヨークで彫刻家のアシスタントを経て、日本に渡り益子に人間国宝濱田庄司を尋ねています。 一時、ドイツへ帰国していますが、その後で出会う島岡氏の助言に従い栃木県益子町に向かって行き、移住を決意。さらには、26歳で外国人として初めての窯を築く事となるのです。ハワイ大学での講師やホノルルでの個展などを開きその名を広めて行く事となります。 最初は、当然伝統を重んじる陶芸界だけに、外国人として見られていましたが素晴らしい作品の数々に評価もあがって行きます。第一回毎日新聞社日本陶芸展では、何と文部大臣賞を受賞。現代日本陶芸展巡回展に参加するなど、国内での評価も非常に高くなっていくのです。 そして、バンクーバー・アートギャラリーをはじめ、アメリカのシアトル現代美術館やコーネル大学美術館とクレーブランド美術館など、世界各国の美術館でも個展を開きます。ドイツ連邦共和国功労勲章・功労十字章受賞であったり、「現代日本陶芸のアメリカにおけるコレクション展」、または「4つのエレメント、3つの国、ドイツ、イギリスそして日本展」など、国際的な個展にも参加。まさに、日本と西洋の陶芸文化の架け橋としての存在を打ち出していったのです。彼の功績は、大きく、これから先も語り継がれて行く事は、間違えは無いでしょう。 ゲルト・クナッパーの作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ