工芸品買取 三浦竹泉

三浦竹泉 洗練されたデザインで知られる京焼。そんな京焼の伝統的な窯元が三浦竹泉です。現在では、5代目がその名を継いでおり、数多くの素晴らしい作品を生み出しつづけています。さて、そんな三浦竹泉なのですが、一体どういった人生を歩み、歴史を紡いできたのでしょうか。 今回は、そんな三浦竹泉を紹介していきます。まず、初代の竹泉なのですが、1854年に生まれています。13歳の時に3代高橋道八に師事をするカタチとなり、そこで焼物の基礎を習います。その後、五条坂に窯を構え自らの冠をとった作品作りに励んで行く事となりました。ヨーロッパの色彩を磁器に応用するという、当時でも珍しい斬新な手法で様々な陶器を制作していた事からも、その高い技術力が世界的にも認められています。 衰退しかけていた、京焼に新たな息吹を吹き込む先駆者的人物でもあったのです。また、その制作するものに関しても多数手掛けます。染付、祥瑞、吹墨、色絵、金襴手など、まさに多種多様な作品を自由自在に作りつづけました。さて、その2代目なのですが、父の死後に襲名しますが、その5年後にはこの世を去ってしまいます。 結果的に、3代目となる人間は、兄二代竹泉早世と兄の子息幼少のため、1921年襲名となります。結果的に、四代目に家督を譲っていますが、その後は竹軒という名で制作を続けていた事が知られています。 さて、そんな4代目なのですが、2代の長男でもありました。煎抹茶器を中心に制作しており、三浦竹泉の名前を京に新たなに轟かせています。さて、最後の5代目なのですが、こちらは4代目の長男となっています。同志社大学文学部、美学芸術学専攻となり、父親に師事をして陶芸を熱心に続けていたといいます。京焼の歴史の中でも、非常に研究熱心であり、新たな京焼の未来を形作るために、日々奔走しているとの事です。もちろん、三浦竹泉の作品は工芸品買取においても高価買取となります。これからの活躍も期待できるのです。 三浦竹泉の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ