工芸品買取 三谷吾一

工芸品買取 三谷吾一

三谷吾一 輪島塗りの世界でも名高い功績を挙げている希代の陶芸家と言えば、三谷吾一でしょう。数々の名誉ある賞を受賞しつづけているだけでなく、その高い技術はどの作家よりもひとつ上のレベルでもあり、多くの人々を魅了しつづけています。さて、そんな三谷吾一なのですが、沈金師として名を馳せています。 まず、蕨舞洲と前大峰に弟子入りをしており、修行を1から積み上げています。人間国宝という地位にあった師を仰いでおり、その高度な技術に日々向き合う事で、自身の力も高めていったという事が知られています。そのために、新たな輪島塗の伝統を覆す、現代的な作風を手掛けて行く事にも長けているのです。 その作品の特徴なのですが、斬新な作風がとても多くの人々の心を掴んでいる事が特徴とされています。今までの輪島塗には無かったような、構成と詩情あふれる色彩で新たな世界観を生み出し、数多くの人々に評価をされています。さて、そんな三谷吾一なのですが、どういった賞を受賞していったのでしょうか。 1941年沈金職人として独立した後に、制作をした「沈金漆筥」1942年新文展での初入選を果たす事となります。その入選がキッカケとなり、1965年日本現代工芸美術展出品の「飛翔」が現代工芸大賞読売新聞社賞受賞という名誉ある賞を受賞するにいたったのです。 さらに、1966年日展出品の「集」が特選北斗賞受賞を果たすだけでなく、1970年改組日展出品の「翼」が特選北斗賞受賞も手に入れています。希代の作家の中においても、実に繊細なその技術が認められた結果によるものであり、これからも注目されるでしょう。また、石川テレビ賞受賞、1989年日展理事となり後進の躍進に尽力。 さらには、1991年現代工芸美術家協会常務理事を経て、石川県文化功労賞受賞に1994年輪島塗技術保存会副会長となります。輪島塗りを、芸術品として高めていったその功績は高く評価されています。これからも、全てにおいて前に進む事でしょう。 三谷吾一の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ